和知野川支流 治部坂川・二ツ沢

2008年11月3日
和知野川支流 治部坂川・二ツ沢(本沢)
渡辺  栄

瑞浪5:00=不動温泉花菱P6:40/7:00-入渓7:25-7mトイ状の滝8:10-
源ケ沢出合9:45/10:10-中ノ沢出合10:17-6mジャンプ台の滝11:00/11:20-
急登始り13:10-藪漕ぎ始り13:30-登山道14:22/14:40-
登山口15:35-不動温泉P16:30/17:30=瑞浪19:10

 今日もまたクラブのマドンナこと栄ちゃんを独り占めです。

 二年前の丁度今頃行った隣の谷「大川入川」は寒かった。でも今朝はそれほどでもない。
不動温泉の駐車場の隅に車を置き(宿の了解を得ています)二ツ川まで500m国道を歩く。谷に平行した作業道から山に入り堰堤を二つ巻いて入渓した。入渓するまでの急斜面はいきなり危険で厳しかった。

IMG_2939.jpg

IMG_2943.jpg

 堰堤の上は暫く平和な川原が続きます。そして先には両岸岩壁に阻まれる6mの滝がドドと流れ落ちていました。側壁のカンテの弱点を登り上に出た。しばらく小滝や小さなナメ滝が幾つも幾つも現われ、もう水はチメタイのでハマらない様に水流の脇を登ります。

         IMG_2954.jpg

         IMG_2960.jpg

 7mのトイ状の滝を過ぎ、6mの斜瀑を越して小さな流れの中を見ると小判が落ちてるのが見えます。栄ちゃんに拾っていいか言いかと聞き、暫く小判探しをしました。18cmの小判を二つ。そしてもう小判探しは止めようとしたら28cmの大判を拾ってしまいました。
徳川の埋蔵金が上流に隠されているのかも知れません。これは絶対誰にも内緒ですよ‥!、栄ちゃん。
その間もずっと4~5mの滝やナメ滝が続いています。

IMG_2963.jpg

         IMG_2967.jpg

 紅葉には少し遅く、風が吹くと沢山の木の葉が、ボタン雪の様にヒラヒラと舞い落ちてきて綺麗だった。

         IMG_2983.jpg

         IMG_2994.jpg

 源ケ沢出合で大休止をして中ノ沢を右に見て本沢へ入ると本日一番大きな10mの滝が現われます。その先の谷は狭く水量も少ないものの5m以上の高さの滝が累々と階段のように続いていました。隣の大川入川に比べても滝が非常に多い谷です。最後の6mの滝は落ち口から水流が大きくジャンプし、放水するように滝壺へ放物線を描いていました。

         IMG_2997.jpg

IMG_3009.jpg

 これを過ぎたら源流の装いで水量も少なくなりガレた小滝しか現われなくなった。
谷が急峻になって笹薮突入です。先回、栄ちゃんと行った出ケ谷ほど辛い藪漕ぎをしなくても登山道に出るだろうと高をくくっていたが、出ケ谷並みの急斜面に猛烈な藪漕ぎだった。先回、そして今と、もうこれで藪漕ぎは一生したくないなと思う。

IMG_3017.jpg

 藪漕ぎが永遠に続くかと絶望感に囚われた頃、クリーンで快適な登山道に出た。大休止をして落葉の敷詰められた道を登山口に向かって滑って転びながら下る。あららぎスキー場周辺の唐松林の紅葉が綺麗であった。

IMG_3025.jpg

 車道を辿り不動温泉はな菱へ戻り、温泉に入って帰ってきました。温泉ロビーで多治見労山の神戸さんに会いました。今夜はここで同窓会だそうです。入浴料800円
                                                       記録 渡辺













スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター