島の谷支流 アカナギ谷本谷

2009年4月12日
島の谷支流 アカナギ谷本谷
渡辺・和田・木股

瑞浪6:00=アカナギ林道P7:10/7:40-ゲート7:50-林道終点分岐8:20/8:35-
1530m辺り9:35/10:00-1700m辺り10:3010:45-野熊山11:00-野熊の池11:35/12:10-
1400m辺り12:50/13:10-林道P13:40/14:00=月川温泉14:15/15:00=瑞浪16:00

 本当は雪上訓練を兼ねた公開山行で御嶽山へ行くはずだった。しかし一般参加者の申し込みは無し。また会員の参加者が少なくなってしまった。雪上訓練とはいへ、雪の上の道とはいへ、御嶽山なんかへ行って楽しいのか・・。先日の夕方になって監督と栄治に行き先変更を願い承認してもらった。

 寝坊した!。一時間も寝坊してしまった!!。監督と栄治、申し訳ない。予定より1時間遅れの6時に瑞浪を出発。高速道路は、週末の割引一律千円の性か沢山の車が走っている。

1

アカナギ林道は斜面が崩れていて、ゲート手前に車を置いた。40分ほどで林道の終点に着き、そこは今日入る予定の谷の分岐にもなっていた。林道歩きの最中、栄治は「仕事が暇で、だるくて力が入らない」と言っていたが、私も当にその通りである。
 直ぐに真新しい堰堤が有り、作業者が乗り越えられるように脚立の梯子が掛けてある。梯子を利用して堰堤の上へ。

2

 目の前に2mほどの垂直な滝が2段連続して掛っている。脇を越すと滝はもうお仕舞い。結果的にこれが今日最初で最後の滝であった。

3

 少し行くと雪渓?がスノーブリッジとなって現われた。アイゼンを着けずステップを切って登っていく。
100mほど。結果的にこれも今日最初で最後の雪の斜面だった。。

4

 後はづっと上部まで岩崩れの大崩壊地。先行者の落とす岩に気をつけながら行く。崩れる岩に脚を取られ歩き難い。

5

 徐々に谷は狭まり、徐々に谷は急峻になり、途中から右岸の草付きと樹林の尾根に逃げる。疎林の中は歩きやすかったが熊笹が出てきたため、今度は右岸の尾根へトラバースした。谷を渡って直ぐに上部で自然崩壊が起こり、トイの様なルンゼを一気に土砂がビュンビュン落ちていった。もう少し渡るのが遅かったら巻き込まれ、監督が犠牲になっていたかもしれない。なんで監督限定なの?。

6

 やっぱり最後は熊笹の藪漕ぎを避けることが出来なかった。笹のホコリを胸一杯に吸い込みながら喘いで登る。それでも20分ほどで主尾根の一番高い所に出た。どうやら野熊山の山頂に出たようだ。
 そこからは北に向かって、野熊の池に向かって尾根の藪を漕ぎ下っていく。すると突然笹が駆り払われた切り開きの道が現われた。ラッキー!。この切り開きは尾根に沿って野熊の池の方に続いている。刈られた笹に脚を取られながらもドンドンと下っていった。

7

 その営林署の作業道と思われる切り開きは、野熊の池の数歩手前で黒井沢からくる登山道に交わっていた。野熊の池で大休止。笹ホコリの顔を清流で洗い、水を補給した。このところ初夏のような晴天が続き、昨日は尾鷲かなんかで29.9°あったようだ。今日も山の中とはいへ暑く、水分を随分必要とした。

8

 下山は秘密の隠された登山道を下った。アカナギから眺める恵那山南部の島の谷の頭や大川入山方面の北面には、まだ結構雪が残っている。来年のこの頃に来るならヤッパリ北面を目指さなきゃ。

9

 秘密の隠れた道は、当然ながら誰も登山者はおらず静かだ。滑りやすいけれど、新雪を蹴散らすように汚れない落葉を踏みしめて斜面を下る。

10

 御嶽山なんか・・・って最初に書いた。御嶽山は素晴らしい山だ。私の好きな山だ。しかし今日御嶽山へ行っていたら、沢山の登山者に会ったろう。素晴らしい雪山の景色を見ることが出来ただろう。
 私の思い描く山登りは、こうした誰にも紹介されていない、仲間以外の誰にも会わない山登り。私たちだけにしか見られることがないだろう花。もしかしたら誰に観られることなく散っていく花。
 「楽しかった?」 って監督と栄治に聞いたら、ニコニコしながら 「楽しかった!」 って答えてくれた。これが私の思い描く山旅の理想だ。理解してくれる仲間がいる。
ああ、楽しかった!。
                                                  記録 渡辺

11


スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター