阿木川 本谷   

2009年6月28日(日)
阿木川 本谷  【焼山】
公開沢登り山行
会員=浦本・和田・栄治・渡辺
応募参加者=桐石・愛知・木股

瑞浪7:00=風神神社P8:00/8:40-終了点林道橋13:30-
神社P14:30/15:00=稲荷温泉16:30/17:30=瑞浪17:40

 前日まで天候が心配であった。「明日の天気は大丈夫やろか・・。」「せっかくやから行きたいなぁ。」会員外に三名もの方が来てくれるという。素直に凄く嬉しかった。だから、何としても行きたい。梅雨入りもしたし、考えてみればこんな時期に公開の沢登り登山を企画した私も馬鹿であった。でも、後の祭り。当日の天気を祈るのみと思っていた。ところがどっこい、夕方の天気予報と天気図から快晴とまではいかないものの何とか持ちそうな感じ。しめしめ、やはり会で一番、行いの良い私を天は見捨てていなかった。

 当日は7時に瑞浪市役所集合。私と寛さんの車二台に分乗し出発。ちなみに参加者は私こと浦チャンと寛さんにW田さん、高時山以来、私を笑わせてくれる栄治、それに釣り人ダイスケさん、高時山に続いて参加の桐さんと富士登山経験者のI知さんの7名であった。
 途中、山岡のコンビ二で行動食を購入し、雑談しながら風神神社へと向かった。神社には8時半頃に到着。各々が沢登りの準備を整えたところで準備体操。節々がボキボキと音を響かせていた私はちょっと不安になった。でも、準備体操は非常に良い事なので今後も続けなくてはいけないと思った。


1

 沢の様相は写真を見てもらうと判るとおり。大きな滝こそないものの水量もあり、結構面白かったです。それで今回の記録は、参加していただいた皆様について感謝の意味もこめて感想を書こうと思います。

        2

 まずは私ことウララのすぐ後ろを歩いていただいたI知さん、初めての沢登り、本当にお疲れ様でした。かなり、緊張されてたことと思います。何度か川のヌメッタ石に足を取られては転び、首まで浸かってしまったこともありましたですね。それでも、弱音を吐くことも無く、何よりも楽しそうに笑ってましたので、実は平気なのかも!なんて思って観てました。今回の山行で沢の怖さと楽しさの両方を体感していただけたのではないかと思ってます。

        3

 次に桐さん、高時山、公開岩登りに続いての参加、ありがとうございました。桐さんの岩登りのセンスはかなりイケテルと思います。細身で柔らかい体を生かした滝へのアグレッシブな挑戦は素晴らしいと思いました。それに泳げる!?釜を泳いで滝に取り付く処を観たときは感動しました。ヒョウヒョウとした感じ、格好良かったです。

4

 そしてダイスケさん、もう十分な位に沢登りは達者なように思いました。流石は釣職人。私など足元にも及ばないしっかりとした足取りに嫉妬しそうになりました。これから技術を磨いていただければ素敵な沢ノボラーに成れるのでは!と思いました。

5

6

        7

8

        9

        10

        11

        12

13

14

15

16

17

 とにかく、皆さんのお蔭で楽しい山行ができました。1000m付近で沢から上がり橋の上で集合写真(記念写真)を撮りましたが、参加者全員の笑顔が印象的でした。
あ!そうそう、皆様が当会に入会していただけるとのこと、凄く嬉しく思います。ですが、当会には変わった人が沢山、というより、変わった人しかいませんのであしからず。
 皆さん、今後とも宜しくお願い申し上げます。
                                          記録 浦本

18
スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター