付知川支流 東股谷本流(中流部)

2009年8月30日
付知川支流 東股谷本流(中流部)
渡辺・和田・栄治・大祐・啓子
瑞浪5:00=中の谷P6:40/7:15-魚止の滝9:30-八丁暗り10:00-
鳩ノ巣11:00-門平谷出会上終了点13:15-林道13:40-P14:40/15:10=
倉屋温泉15:20/16:20=瑞浪18:00

        1-IMG_6863.jpg

 8月、快適なシャワークライミングの季節を楽しみたいと思いながらも参加できず、とうとう30日になってしまいました。今日ははじめて購入したマイ沢靴、やっと登場です。
 建物を左手に小道を降りて入渓。堰堤を3つ軽く巻く。お、なにやらきのこ発見。「多分○×茸です、多分。」「食べられるやろうか。」「水で洗えば食べられる。」なんかそんな話聞いたことあるようなないような?!

        2-IMG_6865.jpg

3-IMG_6872.jpg

 歩いても特に目立った滝は出てこない。水が濁ってきた。先行する3人は後ろも振り返らずどんどん進みます。どんなところを行くのか、先行者の足の運びを見てまねしよう作戦なのに距離が開いてとてもそういうわけにはいかない。河原だからまだいいけど、この先こんなに間があくと難しい場面で対処できるかなあと思いながら、よろよろと行く。靴は問題ないようです。

4-IMG_6878.jpg

 「今日はずっとこんなんですかね。」「まあこんなもんやら。」「遡行不能のところはまあ行けるかもしれんけど、もう林道に上がるとまた降りようって気になれん。見てみるときれいな場所だけど。」「俺の友達は行ったことがありますよ。」林道ははるか上。

5-IMG_6879.jpg

 そうこうするうちに、どっしりとした滝に出会った。魚止めの滝だ。今日の地図には、一部の箇所が遡行不能となっていた。行くか行かないのか、出発時にははっきりと決まっていなかった。ここは安全を期して巻きました。巻いてまた川へ降りたということは、行くのですね!

6-IMG_6886.jpg

 前日雨だったせいで水が濁り、川底が見えない。なにより滝が太い。滝の高さはそれほどでもないけれど、とにかく水の流れの勢いに負けそうです。そんなところをさっさと行く、さすが山や、さすが沢や、さすが釣師。待って~!!

        7-IMG_6888.jpg

8-IMG_689.jpg

 懸垂の場面では、降りた後、セルフを取るか取らなくてもいいか迷いました。シュリンゲが身長より高い立ち木にまで届かなくて、結局セルフはあきらめたのですが、時間をロスしてしまいました。わたしはロープワークがぜんぜんできないので、もっと練習してスムーズに行くようにしたいです。時間は貴重だ。他にも教えていただきました。「手を体からもう少し離したほうが安定する。」「葉っぱの上に乗ると滑るからあかんよ。」「ここは流されるで上まで行って、流されながらここに着いたほうがいい。」
落ちた!なんか足元が滑るかな、かなじゃなくて滑ってる、落ちるかも、うーん落ちそうと思って2秒後、やっぱり落ちました。ここは滝が連続していた場所じゃなかったので良かったです。もしそんなところで落ちたら、あっという間に次の滝へ、その次の滝へ、そのまた下の滝へと流されていってしまう、あ~れ~。

9-IMG_689.jpg

        11-IMG_6906.jpg

12-IMG_6911.jpg

 「このへんが八方塞がりですかね?」八丁暗がり、進むにも退却するにも難しい、まさにいい得て妙と感心していると、「八方塞がりはわたしの会社みたいやね。」うーん、それもまたしかり!わたしの最近の家計もそうです。

        13-IMG_6915.jpg

        14-IMG_6928.jpg

15-IMG_6936.jpg

 あ、こんなところに安全お地蔵様が!林道は対岸、ここは鳩ノ巣の崖っぷち、どうしてこんなところにおわしますの?今日の山行が無事に終わりますように、今後も事故のないように、それと友達の病気が治りますように、そうお願いしました。

 泳いだり巻いたり、進みます。今日は栄治さんも率先して泳ぎます。巻くのも怖いし(トラバースが苦手、降り口も見つけられるか自信がない)、でも泳ぐのもどうしよう(体が冷えると後が困難、流されたらと不安)、と迷っている間に、先にとっとと巻いた渡辺さんはもう見えません。慌ててわたしも巻く選択。こんな写真載せちゃって、家族から禁止令が出ちゃったらどうするんだろう。

16-IMG_6938.jpg

17-IMG_6947.jpg

18-IMG_6948.jpg

        19-IMG_6960.jpg

        20-IMG_6963.jpg

        21-IMG_6965.jpg

 核心も終わり、おまたせしました釣タイム。今日は大祐さんの餌釣りに軍配があがりました。渡辺さんも栄治さんも釣り上げます。和田家の夕食のため。
 堰堤から林道へ。茗荷がいっぱい生えています。和田さんが夕食のためにとせっせと摘みだしました。やっぱりきのこも採るべきだったと後悔することしきり。林道歩きの途中、「この壁はけっこうしっかりしていそう。岩の練習にどうですか。」と栄治さんから提案がありました。

        22-IMG_6968.jpg

23-IMG_6979.jpg

 駐車地に戻り、スパッツを脱ぐと蛭発見。各人1匹~数匹。ニヒルな男になりそこねた渡辺さん、なぜかたいそう不満な様子。なんとなく体がかゆくて、早くお風呂に入りたい。
「今日はTOKIアルパインクラブの中でも上位に入る難しい沢だった。」「行くと思わんかった。今日はだらだら歩いて余裕で釣っておしまいかと思ってた。」「まあ行けると思ってたけど、けっこう厳しかったですね。」「行くつもりなかった。行ったところでニッチもサッチもいかなくなってどうにかして戻ってくるかと思った。」わたしはというと、助けてもらってやっといける状態です。いつもありがとうございます。努力しますので、置いてけぼりにしないで~!
4行では収まりきらない楽しい一日でした。これからもよろしくお願いします。
                                         記録 啓子

24-IMG_6982.jpg

スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター