東本谷(加子母川) 本谷 【小秀山】

東本谷(加子母川) 本谷 【小秀山】
2010年4月11日
和田・大祐・水野夫妻

瑞浪4:00=三ノ谷P5:30-6:05--林道終点入渓7:05--本谷二又8:25--稜線10:10
--山頂10:50-11:10--一般道三ノ谷分岐12:55--三ノ谷P14:25--倉屋温泉15:30-
16:30=瑞浪18:00

 「山へ行けんようになったで代わりにリーダーやってくれ」
と渡辺さんから連絡を受けたのは山行の二日前の昼ごろだった。
今までリーダーとして渡辺さんがこんな時、何をしていたかを自分なりに考えて当日を迎える。
とりあえず共同装備に不備が起こらぬ様、荷造り・補充をした。
 今回は名古屋ASC山岳会の水野夫妻を加えての山行である。
いろんな場面でどんな事をするのか学ぶ点も多かろうと期待が高まる。

10.4.11東1

10.4.11東2

10.4.11東3

10.4.11東5

 加子母の乙女渓谷キャンプ場の上へ車を停め、しばらく林道を歩く。
入渓点の様相が変わっていたので見落とし、約十分後「おかしいなぁ?」と気づいて戻る。
崖崩れで半ば埋まってしまった林道を越え、7時前に入渓。
 良くもなく悪くもなく、普通の沢である。水野夫妻は軽快な足取りで付いてくる。
少し難しいルートも、お助け紐無しで上がってきてしまう。力もあるんだなぁ。
今までの山行通り“一時間歩いて10分休む”を繰り返す。

10.4.11東6

10.4.11東7

 少し雪渓が現れる。「こんなはずでは~」アイゼンを持ってきてるのは水野(夫)のみだとこの時知る。
降ったり止んだりの雨が行く末の不安を掻き立てる。休憩時に座った岩がいつに無く冷たい。
気温は低いんだなぁ。

10.4.11東8

10.4.11東9

 当然、高度が上がれば雪渓は増える。ここで水野夫妻が先頭に立った。
「こんな事で、えーんかや、俺?」ピッケルで突いて雪渓の薄い所を見つけ探しつつ、
一歩一歩進んで行く姿を見て「あー、任せた方がえーな、こりゃ」と思ってしまった。
今までだと渡辺さんか浦本君が先導してくれて
「雪渓踏み抜くといかんで付いてきてね」と、付いて行くだけだった。
何故渡辺さんや浦本君がそのルートを選んだのか学んでいなかったのだ。
これではイカンねぇ。

10.4.11東10

10.4.11東11

10.4.11東12

10.4.11東13

 尾根が近づくと例の大カレ場へ出た。
平らに割れた珍しい石をアレコレいじくり回し、歩んできた道のりを振り返える。
この時、ガスが急速な勢いで消失していくのに感動。
 ガレ石に足をとられながらも尾根に出た。岩峰は以前来た時より少し小さくなった様な気がした。
尾根は雪がいっぱい。
まさか雪の上を沢靴で歩くことになるとは、と思いつつキックステップして小秀山の頂を目指す。
足、つべたい。


10.4.11東14

10.4.11東15

 山頂で小休止をしたあと、大祐と水野(妻)は冬靴に履き替える。
ウチの会では、普通こういう事はしないんだけど、大祐は珍しいことするなぁ。
 第三・第二・第一高点へ下りていき、やがて難所のカブト岩へ。
ここの下りは鎖場になっていて結構危険なのだが、水野夫妻は軽快に下っていく。
途中の休憩で聞いた「アルパインクライミング・沢登り・フリークライミングの比較論」
からみても彼らのレベルの高さを窺い知ることが出来た。
また奥さんの方は子供の頃、木登りなどが大好きで
根っからのアウトドア派(旦那は“野性派”と言っていたが)だったという。
そういう礎があって今日があるんだなぁっと思う。啓ちゃんみたいだ。

10.4.11東16

10.4.11東17

 やがて分岐を過ぎ、下りへさしかかる。途中左膝に痛みを感じたのでテーピングをした。
西谷から東本谷に予定を変えたので一時間ほど早く車に着くことが出来た。
後は風呂に入って帰途に付く。
 あぁ~、リーダーどころかイロイロ教えられた一日だったなぁ。
「学ぶことが多角的にあって実り多き山行だった」と喜ぶべきだろう。
海パンとゴーグルのでば出番は無かったけど…。  
                             記録:和田




スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター