笠置山アルパインクライミングルート開拓 その5

笠置山クライミングエリアと以下の山行報告について

笠置山クライミングエリアは地権者とその管理者、
許可された者以外の木の伐採などは禁止されています。また公開されていないエリアへの入山は許されません。
以下の活動は、管理者に特別許可を得て行っているものです。
記事を参考にして同所へ行くことはお止め下さい。


2010年11月28日
笠置山アルパインクライミングルート開拓 その5
渡辺・大祐 (アルパインKANI:小酒井夫妻・村田氏)

瑞浪発7:30 瑞浪帰着15:30

 「笠置山へ行くよー!」 ってメールしたけど誰からも 「行きましょー!」 って返事が無い。ヤッパリ。
そうそう笠置山ばっかり行っとられんよねぇ。それでも私はまた笠置山へ行くのである。
君たちとはラベルが違うのだ。前日午後遅くになって大祐から 「午前中だけなら・・」 と連絡が入る。
あんたはいいヤツだ。こんなこともあろうかと今日は “あるぱいんKANI” を誘っておいた。
来たのは3人。「ノコギリも持ってきてね」っと言っておいたので3人とも木を切る気十分であった。

       笠置1-IMG_1308

 折角整備する気で来られたが、今日は折角なのでルートを登って貰うことにした。
熊穴フェイスにロープを垂らし各自3ルートづつ登った。

       笠置2-IMG_1309

       笠置3-IMG_1312

       笠置4-IMG_1319

 昼になり大祐が帰ったので、僕らも昼飯を喰って 「帰るか」 ということに成る。
あるぱいんKANIの皆さんは、
昨日も瑞浪の屏風で岩登りをしており、今日はこれで十分だそうでハーネスをザックに仕舞い始めた。

笠置5-IMG_1328

 しかし時間も早いので 「岩巡りでもしますか」 と、富士見岩、物見岩の展望を楽しみ、
未公開エリアのボルダー岩を見て回り、公開エリアの大岩や他の目ぼしい岩を見学して歩く。
改めて大岩など観察すると、
我々には中々手に負えないけどトップロープに頼りながらなら登れそうなルートも有りそうです。
今度はこの辺りで遊びましょうね。クラブの皆様、お付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。
                              記録:渡辺

       笠置6-IMG_1331








スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター