屏風山 入ヶ洞 大祐ルンゼ 冬季初登

2011年1月23日
屏風山 大草川支流・入ヶ洞、大祐ルンゼ 冬季初登
渡辺・栄治・大祐・近藤

大草登山口9:50-山頂11:10-黒の田湿地12:00-登山口13:15

 新年会明けの今日、恒例の屏風山へ行きました。
せめて今日だけは、そして年に一度だけでも全員集合で行きたかったなぁ~。
それぞれ言い訳を付けて帰ってしまいました。残ったのは私と近藤氏、大祐に栄治の4人です。暇人です。

IMG_1795.jpg

 大祐推奨の谷から屏風山に登ることになりました。
大草の部落終わりの登山口からそのまま谷に沿って廃林道を進み、林道終点から川へ下ります。
瑞浪の町の雪は消えましたが、流石に屏風山、
恐るべしの雪が10cmほど残っており、兎の足跡が縦横に残されていました。

       IMG_1803.jpg

IMG_1807.jpg

IMG_1811.jpg

IMG_1815.jpg

 雪に隠された歩きにくいゴーロを伝い、水の流れを何度も渡って上流へと登ります。
顕著な二俣で「このまま直進したルートは年末に一人で登っている。
右側の谷は行ったことが無い」と大祐が言います。
それなら「右の谷へ行こうじゃないか」と未踏の谷へ入っていきます。
 連瀑帯を抜けていくと凍った滝が現れます。誰かさん、ペンキを塗ってる場合じゃありませんよ。
両岸に切り立った岩壁が現れます。笠置山まで行かなくてもここで遊べそうです。
幻の大滝を越すと谷は更に狭まり険谷の様相です。

IMG_1821.jpg

IMG_1825.jpg

 雪の付いた狭いルンゼを四足で登ります。困難な傾斜です。
まさか屏風山でこれほど険しい登攀を強いられようとは思わなかったな。
最後に急な雪壁を “ヒーハー!” 一登りで登山道に出ました。其処から山頂までは30mほどでした。

       IMG_1826.jpg

IMG_1829.jpg

 大草川支流・入ヶ洞・大祐ルンゼ、冬季初登。
山頂でガッチリ握手を交わさず、記念写真を撮って黒の田湿地を目指します。
途中、近藤氏が 「黒の田湿地って釧路湿原よりも広いと聞きましたが、そうなんですか?」 と聞いてきます。
「釧路湿原なんて行ったこと無いから知らん。尾瀬より大きいと思うよ」 
近藤さん、初の屏風山そして黒の田湿地、お気に召しましたか?!。
                   記録:渡辺

IMG_1831.jpg

IMG_1833.jpg

話10分の1位で読まれる事を希望します。
















スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター