奥大日岳 南尾根滑降

2011年2月5日
奥大日岳 南尾根滑降      
近藤・(名古屋ACC金子)

阿弥陀滝駐車場7:00-尾根上7:40-前大日岳11:10-前大日岳南尾根滑降-阿弥陀滝駐車場13:30

 前夜、関ICで待ち合わせ、以前所属していた名古屋ACCの金子氏と合流。長良川鉄道の北濃駅で仮眠する。
先日の豪雪でどか雪だと思っていたのだが、それほどの降雪ではなかったようだ。
また、この3日間の好天で雪も安定したと思いきや、やはり奥美濃の湿り気の多い雪は安定どころか、
すっかり硬くなっていた。パウダーの期待は無いようだ。
明日は完全なる南面の斜面、好天で雪が緩んでくれるのを期待するしかない。

6時少し前に起床。さほどの冷え込みではない。
出発地まで車を移動、少し先で国道から石徹白へ抜ける県道に入る。
ウィングヒルズのスキー場へ向かう車もちらほら。前谷川の手前の阿弥陀滝駐車場に車を止め、準備にかかる。
地形図で見る限り、すぐ前の尾根末端からも取り付けるが、林道があるからと板を担いで県道を少し歩く。
路肩の雪は道路から1mほど高く、
林道も分かり辛いか?と思っていたら、どうやら私たちが歩いた反対側が入り口だったことに帰りに気づく。
ヘアピンカーブのところからガードレールを利用して路肩に乗り上げる。
目の前の斜面に取り付くことにするが、
急な斜面である。幸い疎林で登れないこともないので、シール登行でジグを切る。
30分ほどですぐに尾根上へ乗っかる。
綺麗な疎林の尾根。ずっとブナ林だ。ここからは一直線に前大日岳まで続いている。
斜度は無いものの距離はある。標高差1,000m、少しアップダウンがあるがラッセルは踝程度。
今の時期ではちょっと悲しい雪質。

1-0205 前大日岳ピーク
 順調に高度を上げる。左手に前谷川を見て水後山を通し初河山まで見えている。
右手はダイナランドスキー場トップまで続く尾根。この辺りは結構複雑な地形である。
私が山スキーを始めた頃にもスキー場から入り、この右手の小洞川まで滑降して下った覚えがある。
今日は尾根通し、高度が上がるにつれ天候も曇り空で気温も上がらない。
帰りが思いやられそうだが、歩いているだけでも気持ちいい尾根。

 高鷲スノーパークのアナウンスが聞こえてくる頃に前大日手前の小ピークまで上がった。
このちょっと手前から私の足に異変が、今まで足が攣ったことなど無かったのにどうも様子がおかしい。
騙し騙し登っていくが時折攣りそうになり足を休める。
ピークまでいけるか?ここから今日一番の登り返し、標高差40mほどか。
そして前大日岳まではかなり急な斜面で硬いバーン、シールのみではちょっと不安なくらいの斜度である。
さすがに今日はクトーは要らぬと置いてきてしまったので、板を踏み込みながら最後の斜面を登った。

2-高鷲スノーパークを見下ろす

 途中一箇所で板を脱いだがさすがに腿くらいまではまり込んだ。
このとき最高に足が辛かったが何とかピーク着、展望は曇り空だが高鷲スノーパーク、トップのレストハウスは見える。
水後山は目の前、大日岳へ登るボーダーやスキーヤーも今日はかなり登っているようだ。
風があるので早々にシールを剥がし滑降準備。記念写真だけ撮ってドロップした。
足に不安があるが柔らかなバーンなら大丈夫、少しは緩んでいるだろうと期待しながら下る。

 急な斜面で硬雪では快適には滑れない。ジャンプターンでエッジを効かす。
すぐに斜度は緩むが思うようにターンが効かない最悪の雪。
きっと北斜面の沢ならパウダーなのになーと恨めしさを思いながら鞍部まで滑る。硬い雪では足に負担がかかる。
どんどんひどくなっていく感じ。ここで再度シールをつけて登り返し。
小さなアップダウンは滑降の勢いで登りあげる、このときばかりは硬いバーンで良かったと。
長い距離を滑ると足が攣りそうに、そして板を履いた状態では辛くなってきて時折板を外し楽な体制に。
いつもよりこまめに止まり、足を労わる。

4-前谷川

やっとのところで林道までのショートカットできる沢筋へ到着。杉林を抜け沢状地形になる。
斜度のきつい左岸から雪崩れてデブリとなっている。脇を通過してまた杉林を抜けると林道に出た。
今日の雪なら林道でも下っていける。
やがて林道も不明瞭になり細い沢状を下るとドンピシャリ駐車場まん前に出た。
何とか足も大事に至らず帰ってこれました。
標高のそれほどでもないこの辺りでも標高差1,000m滑ることができました。
足の調子がよければもう少し滑れたけど、今日は雪質も悪かったので良かったとしましょう。
次の寒波に期待です。
                記録:近藤

5-前谷川左岸尾根





















スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター