奥美濃 小津権現山

2011年2月12日
奥美濃 小津権現山   
近藤

新川尻橋付近発6:30-P730m付近(林道合流部)7:40/7:55-P890m付近8:15 -
小津権現山山頂9:10-9:50-林道合流部10:10-駐車地10:45

 揖斐川町には岐阜清流国体のカヌー競技会場として決定後、
私が関わってきたカヌー競技、競技役員としてここ2年くらい通うようになった。
今日も午後から会議がある。どうせ家から出掛けるなら、午前中も有意義に使おう。
揖斐川周辺にも良い山は沢山あるのだ。(藪山ですが)
昨晩、急に思いつき計画した。
スキー記録がほとんど無い?小津権現山、雪が少なくてスキーにならなくても、午前中には下れるでしょう。
と勝手な思い込み。でも昨日雪が降ったろうから楽しめないかな?そんな期待もしながら出発した。
揖斐川町内には雪はほとんど無い。えっ、昨日は降らなかったの。
久瀬集落に入ると徐々に道路脇の雪も増えてきた。

小津権現山 01

 奥揖斐湖まで来ると、山の尾根末端まで雪が繋がっていた。
新川尻橋左岸の林道を100mほど入ると、橋の架け替え工事の仮設事務所がありそこまで除雪されていた。
ちょうどその辺りが今日の取り付き点。
車を止め、すぐの急な斜面を登る。真っ直ぐ尾根まで樹林の抜けたルンゼを思わせる斜面だ。
クトーを付け出発、硬いだけならともかく、がたがたの斜面はクトーが浮いてしまうと滑り出す始末。
苦労しながら尾根まで登りあげた。

小津権現山 002

小津権現山 04

小津権現山 003

 尾根まで上がると斜度も緩み樹林も間隔が広くなった。
さあ、ここからは尾根に沿って登りあげるだけ、下部の植林さえ抜ければ楽になれであろう。
しかししばらくは植林帯と広葉樹が入り混じる尾根。
お世辞でも快適な登下降が出来る尾根ではないが、ここは我慢。
少し開けた台地を越え、上部と林道に出合う。

小津権現山 05

 奥揖斐湖対岸の天狗山も眼前に見え、かなり高度も上がってきた。
少し休憩後、さあもう半分だ!ここからも少しうるさいコナラの樹林を抜け少しブナも混ざりだした。

小津権現山 06

 尾根が少しカーブする辺りでずいぶん斜度も落ちて樹林も広くなってきた。
気持ちい登行、尾根を曲がり再度傾斜が増した尾根を上がれば小津集落から登る夏道の尾根と合流し、
しばらく緩やかな稜線を左へ行くと山頂到着です。
何日か前のワカンのトレースが確認できたが今日は誰もいないようだ。

小津権現山 07

小津権現山 08

 独占の山頂でのんびり昼食後、展望を楽しんだ。
稜線の先には花房山、遠くには伊吹山や貝月スキー場、貝月山や金糞岳など360度の展望が楽しめる。
思ったよりもなかなかいい山だった。

小津権現山 09

小津権現山 10

 さあ、頑張って下りますか。
今日は藪山に備え買ったばかりのTLT一式ではなく、古いポケロケで登ったので安心して突っ込める。
ヘルメットも装着し尾根を下る。尾根上は柔らかい雪で気持ちよく滑る。
登ってきたトレースに沿って樹林帯もなかなか快適、雪質は下部と思えば格段の差だ。
尾根の緩む標高890m辺りまでは樹林の脇の肩の部分をショートターンで刻む。

小津権現山 11

 しばらく行きのトレースに乗り小さなアップダウンを越え、ここからが我慢の滑降となる。
樹林も濃く植林帯はかりかり、横滑りやバックの切り替えしなど忙しく板を滑らす。
それでも順調に高度を下げ、あっという間に、林道合流部。
ここから林道を下った方がましかな?と思い林道を少し滑ったが、斜度が少なくラッセル状態。
やはり樹林が少々濃くても滑るだけましか。林道はやめにして、そのまま来た尾根を滑ることにした。

小津権現山 12

 日が当たらないので雪は緩んでいない。ガリガリいいながら何とか樹林を下り、最後の植林帯。
ここの方が同じカリカリでも樹林が広くてましに思えた。
行きのトレースはカリカリで分からないがこの辺りだろうと降りた斜面がドンピシャ朝の斜面だった。
急勾配の細い斜面をガリガリエッジを効かせ無事除雪地すぐ脇に出た。
思ったよりも時間がかからなくて一安心。

小津権現山 13

 半日でも楽しい山行が出来ました。
揖斐周辺もまだまだスキーが出来る山が豊富なことを確認できました。
さあ、藪山散策だ。帰りは道の駅の藤橋の湯で汗を流し、午後の会議に間に合いました。
                       記録:近藤

小津権現山 14













スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター