白山 野谷荘司山

2011年2月20日
白山 野谷荘司山 山スキー 
近藤・木股・(他2名ボーダー)

トヨタ自然学校発6:30-P1,600m付近9:30-稜線9:40/10:15-山頂10:30/11:40-
稜線白谷滑降点12:00-トヨタ自然学校13:10

 渡辺さんも同行ということで焼岳へスキーに行こうと計画していた。
このところの好天と先日の雨、カリカリバーンでは焼岳の急斜面は気持ちよくない。
ということで急遽、近場の野谷荘司山に変更して出掛ける。野谷荘司山は5年ぶりの再訪となる。
この時は三方岩岳から野谷荘司へ登っているので、この尾根ルートは初めての登行となる。
 夏道通りの尾根を進むのみ、白谷の右岸の尾根に取り付く。
昨日のトレースが残り、今日も先行者が入ったであろう、新しいトレースが付いている。
白谷の左俣にも綺麗なシュプールがはっきり見て取れる。気持ち良さそうな白谷を見て士気があがる。
ブナの疎林を順調に登り、硬いバーンにスキーアイゼンを効かす。
大祐君も昨日購入したばかりで、買った甲斐があるってものだ。今日はゲストでボーダー2名も参加。
スノーシュー、ワカンで上がってくる。今日はノーラッセルで順調に高度を上げる。

1野谷荘司1

2野谷荘司山 006

 気温も高めで朝からオーバーヤッケも無用、汗ばむくらいの暖かな日となった。
快晴無風、実に気持ちが良い。樹林を抜ける手前で1本入れる。
樹林を抜けると無木立の斜面となって景色も一段と美しく見える。登りながら景色を楽しみ写真に収めていく。
硬いバーンのトラバースを慎重に上がるとはっきりとした綺麗な尾根となり、
山頂までくっきり見えるが、途中少しの登り返しがあるのが見える。
手前で休憩して登り返しを少しでも無くすようにトラバースに入る。
今日のトレースに沿って進むが気は抜けない。硬いバーンに効いているのはシールではなく、アイゼンのみ。
滑ったら50mは落ちるだろうなー、などと思いつつもそれほどの緊張感はまだ無い。
最後は急な斜度の尾根を駆け上がり稜線上の白田にドロップポイントに到着。
目の前のきれいな斜面にしばし見とれる。

3野谷荘司3

4野谷荘司6

5野谷荘司山 013

 皆が上がってきたタイミングでビットを掘り、コンプレッションテストで弱層を確認する。
今日はかなり安定した状態を確認後、最後の少しの登りで山頂を目指した。
車から4時間、弱層テストを含めての時間なのでかなり順調に上がって来れた。
山頂で昼食とし、360度のパノラマの景色を楽しむ。
白山連邦や庄川対岸の籾糠山、猿ヶ馬場山、御前岳、遠くには御嶽や北アルプスも綺麗に稜線まで見える。
それらの景色を写真に収めたら、それでは行きましょうか。

6野谷荘司山 009

7野谷荘司山 031

8野谷荘司9

 滑降準備をして出発、ここでボーダーの彼にアクシデント。
久しぶりにボードを引っ張り出してはきたが、ビンディングが劣化してバキバキに割れたり、ひびが入っている。
事前確認を怠ったか、まさかの出来事だ。細引きで補修して何とか応急処置。
ドロップポイントまで滑っていく。ここでも細引きが切れて再度補修。
私たちの後続パーティーの方にタイラップを頂いてそれで再度補強、これで何とか行ってくれよ。
さあ、遥か下まで広くて綺麗な白谷に飛び込みます。

9野谷荘司山 027

10野谷荘司11

 先行者と同じドロップ点から私が飛び込む。
表面少しは柔らかいが、その下はけっこうハードなバーン。
しかし板が流れるほどではないので、慎重にターンを刻んで下る。
ボーダー2名も慣れたもの、大きなターンであっという間に高度を下げる。
大祐君も大きなターンで降りてくるが、途中でスリップして少しバランスを崩すが問題なし。
思い思いのシュプールを刻むが、昨日のものも含め9本のシュプールで斜面はギタギタ。
写真を撮ったり、動画を撮ったり交代で下る。

11野谷荘司山 037

       12野谷荘司山 040

 谷が左へ曲がるとその先の沢が狭まる辺りでデブリが、
大きな規模ではないが先日の雨で落ちたのだろう、まだ硬い塊で踏んでも壊れるものではない。
慎重に交しながら越えると沢の最狭部、この先もデブリがあるのを確認していたので、安全なところで休憩する。
大祐君は登りよりも下りの方が息が上がると言う、デブリの通過も難渋して、休憩お願いしま~す。笑

13野谷荘司13

14野谷荘司山 044

 さあ、この先のデブリを越せば今度は堰堤を交して真っ直ぐ下るだけ。
頑張ろう!すでに下部ではかなり雪も緩んでいるのでデブリ手前も快適に滑り、難なくデブリも越えられた。
白谷右俣と合流、最初の堰堤は右側から越し、2段目もそのまま右から。
あとはそのまま右岸をトレースに沿って下ると、あっという間にスーパー林道の朝の取付点へ合流した。
スーパー林道も僅かに下っていて、硬いトレースに乗って楽々駐車地まで戻って来れました。
上を見あげれば登頂した野谷荘司山と白谷の斜面が綺麗に見える。満足感と感動に浸り岐路に着いた。
帰りはしらみずの湯が休業していたので、桜花の湯で汗を流し昭和村Pで食事後、解散となった。
みなさまお疲れ様でした、もうすっかり春の予感。パウダーはもう無いのね~。
                    記録:近藤

カシミール野谷荘司山
























スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター