付知川西股谷 北沢/西股本谷

2011年7月16日 17日
付知川西股谷 北沢/西股本谷  【小秀山 前山/唐塩山】
渡辺・和田・大祐・千浩・秀美・智尋・近藤・(伊藤 名古屋ACC)

7月16日
瑞浪5;00=高樽橋7:00/7:45-北沢分岐11:10-北沢阿遡行終了点15:30-林道16:10-キャンプ地17:00
7月17日
キャンプ地7:10-親滝8:20-西股本谷遡行終了点13:00-林道13:45-キャンプ地14:35/15:20=
薬師の湯16:10/17:00=瑞浪18:00


7月16日 西股谷 北沢
 当初この合宿の予定は王滝川支流うぐい川の小俣谷の遡行であった。しかし直前に当日王滝川周辺で
「おんたけウルトラトレイル100km」というトレイルランニング大会が開催される事が判明。
ドタマキタ!。山なんか走るな!。
 かく云う私も去年はこれにエントリーする積りだったから文句は言えないかな。

 梅雨明け以来毎日とても暑い日が続いています。早く涼しい山の谷へ行きたかった。
今日の付知川西股谷から繋いだ北沢は裏木曽南面の谷の中でも一番水線が長い。
源頭の小秀前山まで詰めるとしたら日帰りは困難だ。

北1-IMG_3701

 今回は名古屋ACCの伊藤さんを迎え8名で付知峡の奥へ向かう。
渡合温泉近くに一台車をデポし高樽橋の袂にもう一台の車を置き高樽谷分岐から入渓した。
西股谷の本流は水量が多いだろうから滝場やゴルジュが出てきたら辛かろうと思っていたが
大した困難な場所も無い。

北2-IMG_3704

北3-IMG_3711

北4-IMG_3714

北5-IMG_3727

北6-IMG_3735

大北1-7-16-1P7160007

北7-IMG_3744

北8-IMG_3751

北9-IMG_3756

 快晴。そして朝から暑い。皆其々に川原に沿って歩く。
水を避けて歩く者。ワザと水の中を歩く者。そして深みで泳ぐ者。
さらに渕で竿を出す者。・・ 『何っ?、釣り!』。
早速釣りですか。まだこの先の行程は長い。キノコ狩りなどしている場合ではないのだ。
『何っ?、釣った!』 。それも尺のイの付くキノコですか?。
堪らず私も竿を出してしまいました。

北10-IMG_3757

北11-IMG_3760

 本流から離れ北沢に入る。
北沢に入ると本格的なキノコ狩りが始まってしまった。これでいいのか?。
要するに、皆の頭の中には 『今夜は川原でキャンプである』 『キャンプは焚き火でしょ』『焚き火と云ったら、当然火の周りで串に刺されたイの付くキノコが焼かれていなけれ駄目じゃない』 という妄想があるのだろう。そして8人も居るのだから当然一人に一個はキノコが必要になる訳です。

北12-IMG_3764

北13-IMG_3768

北14-IMG_3773

大北2-7-16-2P7160016

遂に堰堤下の渕でキノコ狩り大会に成ってしまった。8人もいるから歩みは遅くなる。
そしてキノコ狩りばかりしていたので予定の三分の二も来ていないのにいい時間になってしまった。
続きはまたの機会に・・ということで谷を下降し林道に出てキャンプ地に向かう。

大北3-7-16-6P7160029

北15-IMG_3780

北16-IMG_3784

北17-IMG_3785

北18-IMG_3797

北19-IMG_3817

 高樽橋へ車を回収に行く者。焚き木用の流木を集める者。イをさばく者。女性二人は調理に専念。
ナメロウにジャガイモの炭火焼、天麩羅に奴豆腐に・・大ご馳走でした。
そして最後にじっくりと遠火で炙ったイです。
可笑しい事に男性人6人は酒が弱い。缶ビールか缶酎ハイ一本で出来上がり。
其々にメーキングした川原の寝床で“お休みなさい”。

北20-IMG_3820

北21-IMG_3821

北22-IMG_3823

西俣・北沢Web

7月17日 西股谷 西股本谷
本1-IMG_3827

 具沢山の熊本ラーメンを食べ、焚き火の始末をして出発。
今日は西股本谷です。地図上では “渡合三滝” ってのがあります。
困難な場所があるようです。出発前からドキドキしています。

本2-IMG_3828

大本1-7-17-1P7170060

 いきなり深いゴルジュが現れました。 「無理無理!」 「行ける行ける!」
私はお助け紐で引っ張って貰って何とか越える事が出来ました。
ドキドキしました。

本3-IMG_3839

大本2-7-17-3P7170076

本4-IMG_3844

本5-IMG_3854

大本3-7-17-4P7170080

本6-IMG_3862

本7-IMG_3868

本8-IMG_3873

本9-IMG_3876

本10-IMG_3888

 幾つかの易しいゴルジュと滝を越すと、
まだドキドキが治まっていないのに今度は大きく深い滝壷を抱いた 滝に出会いました。
監督に 「行け!」 と言ったら行ってしまいました。私は行きません。
一人大きく高巻きして上部に降ります。さらに困難な滝が現れ、
私はこれも含め親滝子滝をも一気に巻いてしまいました。
さらに上流に滝があって、これは皆で巻いて最後は落ち口に懸垂下降しました。
“渡合三滝” と言いますが、これは遊歩道から確認できるモノのみを数えているだけで
実際は困難な滝が10個くらい連続します。

大本4-7-17-7P7170102

本11-IMG_3893

本12-IMG_3896

 そこから先も釜を持った小滝が連続します。釜には大きなイが泳いでいます。
水野君に竿を出すように命じます。今日も釣り大会の様相ですね。
そしてまた収穫したイは刺身になってしまいました.。

本13-IMG_3898

本14IMG_3901

 前半はゴルジュと滝の通過、そして高巻きに時間を取られ、後半はキノコ狩りで歩みは遅く、
今日も予定の三分の二位しか来ていない所でタイムアウト。谷を下り林道に出て車まで戻りました。

本15-IMG_3922

本16-IMG_3928

 皆に「楽しかった?」って聞くと 「楽しかった」 「これはこれで楽しかった」 と言います。
私も『これはこれで楽しかった』。楽しかったから、これはこれで良かったのだろうけど、
やっぱりクラブの本来の趣旨と少し違いますね。
キノコ狩りは良いけれど、時間と場所を限定し区切りを付けなければいけない。
また8人と言う大人数にも関わらず
二日で二本の谷を遡行するという計画は欲張り過ぎで無理がありましたね。
北沢か西股本谷かどちらか一つを二日間掛けてじっくりと遡行し詰めて稜線に至るか、
せめて水線の切れる源流まで確認しないと満足感や達成感は得られません。

                                      記録:渡辺

本17IMG_3935

西俣・西俣本谷Web





本18IMG_3945

 帰りに福岡の国道にあった看板に導かれて 【薬師の湯・湯の洞温泉】 という温泉を開拓しました。
夏の連休中日の午後であるにも関わらず先客は一組だけで駐車場はガラ空きです。
『大丈夫か!?』と思いながらも入ってみましたが大正解です。
内緒にしておきたい所ですが、是非山の帰りに寄ってみて下さい。
泉質効能などはどうでもよく、汗と疲れを落とすだけなら十分です。

【薬師の湯・湯の洞温泉】

本19-IMG_3943







スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター