王滝川支流 白川・真ノ畑沢

2011年9月18日
王滝川支流 白川・真ノ畑沢   【小秀山】
渡辺・浦本・美香子・近藤

瑞浪4:00=白川林道P6:45/7:05-白川橋入渓点7:15-二股9:55/10:10-
30m大滝10:20-大滝上11:40-笹薮突入13:30-登山道14:00-
小秀山山頂14:20/14:50-白川林道P16:30/17:00=
上松桟温泉18:00/19:00=瑞浪20:55

 とっても久しぶりにでかける沢。今回のメンバーで沢に行くのは初めて。
長年一緒なのに、浦本さんとの沢は何年ぶりだろうか…。近藤さんとは初沢になった。
朝4時集合。すでに3人は駐車場で集っていた(私が最後か…)。
 地図を見る限りは、めっちゃ厳しいところはなさそうだから、
結構ゆったりと爽やかに行けそうだなあと思った。
だから、この夏に思い切って買った「finetrack」のインナーとドラウトエア(上下)で挑んだ。
「finetrackでーす!!」とか言って、近藤さんに思いっきり自慢してうきうき気分だった。
でも、こんな自慢なんかするもんだから、きっと罰があたったんだと帰ることには思うこととなるのだけど…。

真1-DSCF4029

真2-DSCF4033

 松原公園近くまで来ると、車を止められた。
この日は「SDAクロスマウンテンバイク」っていうイベントが行われていて、ちょうどスタート時刻と重なったからだった。
目の前を大勢の選手が通り過ぎるなんて体験は初めてで、その壮観さにちょっと驚いた。
滝越に行くまでも多くの選手の横を通り過ぎた。

真2-DSCF4039

真3-DSCF4045

真4-DSCF4057

真5-DSCF4061

真6-DSCF4064

真7-DSCF4071

 入渓点から見た沢は、水量も多くて明るく、なかなかよさげだった。
やっぱり爽やかな沢登りをイメージして歩を進めた。
今回の目標は、怪我なく、救助でヘリを呼ぶことなく帰ることだ!さて、さて。
近藤さんを先頭に進む。途中、8mほどの滝が出てきた。
水量が少なければ、そのまま滝を登っていくところだろうなあと思ったが、
水量が多かったので、まくこととなった。このまきがちょっと大変だった。
笹藪を進むのだけれど、笹はたくましく育っていたから、茎が立派で自分の身を預けるにはよかったが、
進むのには大変だった。「藪こぎ、久しぶり~」なんて余裕はなかった。
やっとのことで、沢に戻った。

真8-DSCF4073

真9-DSCF4076

 せっかくの「New finetrack」は、藪こぎと沢に戻るときの姿勢で、汚れまくった。
渡辺さんからは、「そんな汚れたのは、沢に捨てた方がええて。
私が拾って野良着にするわ。」なんて言われた。沢は、緩やかで頭上も開けていた。
だけど、沢を作る岩は結構な大きさだったから、リーチの短い私は、がみついて上ることが多かった。
余計に服は汚れまくった。

真10-DSCF4081

真11-DSCF4082

真12-DSCF4083

真13-DSCF4088

真14-DSCF4090

真15-DSCF4091

真16-DSCF4098

真17-DSCF4102

 途中、渡辺さんが「生態調査」に入るため、竿を出した。
私たち3人は眺めの休憩に入った。「よし!チャンス!!」とばかりに、
私は「New finetrack」の洗濯をし始めた。
洗濯できれいになったことに満足!洗ったのにすぐに乾く「finetrack」に満足!!。
生態調査を終えた渡辺さんに合流し、沢を登る。

真18-DSCF4110

真19-DSCF4116

 小滝がいくつも現れ、なかなかの沢。
でも、そのたびに私は岩にへばりつくようにして岩を登らなきゃいけない。
先を行く近藤さんや浦本さんからお助けシュリンゲを出してもらいながら進んだ。
引っ張ってもらって登るたびに服は黒くなっていく…。
「んっ?!えーっ!!」私の「New finetrack」の中央に小さな穴が3つも開いているではないか!!!!
大・大・大ショック!!!!!!初finetrackだったのに…。
登った岩がとがっていたため、そこをずり上がったために穴が開いてしまった…。
気分は一気にブルーになった。「高いなぁ…」と思いつつも買ったばかりのfinetrackだったのに…。
なんてことが起こったんだ…。
私のTOKIアルパインクラブ人生の中で一番といっていいほどのショッキングなできごととなった。
 「沢にそんな高いの着てきちゃあかんて」「まだこれからも着るの?もう捨てやぁ」
「アップリケでもするやわ。でも場所がなぁ。恥ずかしいなぁ」など、散々言われることになった。

真20-DSCF4122

真21-DSCF4125

真22-DSCF4132

真23-DSCF4134

真24-DSCF4136

真25-DSCF4139

真26-DSCF4149

 いよいよ分岐点に来たため、休憩して真ノ畑沢右の沢に入って行った。
この分だと結構早く小秀山山頂に行けそうだって思った。
でも、今回の山行の核心部はこれからといってよかった。
早々に、30m級の大きな滝が眼前に現れた!!見事!!!こんな立派な滝が現れるなんて思っても見なかった。
滝の大きさと水の落ちる様子に感動しながらも、まきみちを検討する。
先頭の近藤さんは難なく高まいていく。意外と行けるかも…。次に渡辺さんがユマーリングで登っていく。
私も近藤さんからタイブロックを借りて準備するが、渡辺さんが「ロープ出すわ!」と叫ぶ。
私は渡辺さんに引き上げてもらうことになった。登り始めて「タイブロックでは無理だったかも」と思った。
地盤は弱く、石は浮き気味で潅木も弱くて抜けてきそう。
さすがリーダーの渡辺さん!何とか近藤さんがビレイを取っている地点まで登っていった。
本日2回目の高まきも結構つらかった。笹の背丈は高くて茎は硬い。
先を行く渡辺さんがどこへ降りたのかさへもわからない。渡辺さんの声だけが頼りだった。

真27-DSCF4152

真28-DSCF4160

真29-DSCF4165



真30-DSCF4167

真31-DSCF4172

真32-DSCF4177

真33-DSCF4183

真34-DSCF4189

 何とか沢に戻った。結構高さを稼いだから、しばらくしたら藪こぎかと思いきや、
そこから滑滝やら5mほどの滝やらが続く。滝の連続にただただ驚くばかり。
「こんな沢、今まで来たことあったっけ??」ベスト1にも位置づけていいだろう沢といっていいだろう。
しかし、最後の方は出てくる滝にちょっとうんざりしてきた。でも、藪こぎよりもましか…。
最後は、藪だったけど、しばらくは水もまだまだ流れていて、沢に藪が両岸から覆いかぶさっている感じだった。藪こぎと沢登りとをいっぺんにやってる感じ。
背の低い私は、自分の頭の上に藪がおおいかぶさっている感じだったから、藪だけのときよりも進みやすかった。それでも、最後の20分くらいは藪こぎオンリー。
顔に笹の葉だけでなく笹の茎が襲ってくる。「痛い!」何度言ったことか…。

真35-DSCF4193

真36-DSCF4205

真37-DSCF4216

 何とか登山道に出ることができた。藪こぎも少ない時間ですんでよかった(ホッ)。
小秀山の頂上を目指して登山道を進む。
途中に咲いている花や植物の解説を「庭師・近藤」がする。さすがプロは違うなあ。
頂上で休憩して登山道を下る。途中、近藤さんから「10月は、平日に涸沢に行く」話を聞いた。
メンバーはネットで知り合った若い女性たちらしい。
「へぇ~、それは楽しいだろうねぇ…」浦本さんも渡辺さんも一緒に行きたそうに思えたのは私一人だろうか

真38-DSCF4226

真39-DSCF4232

 帰りは、渡辺さんの同級生が嫁いでいる「桟温泉」に入り、ラーメンを食べた。
久しぶりの沢は、ほんとにいい沢だった。
沢の感じ、滝の多さなど、どれをとってもベスト1に位置づけてもいいくらいだった。
帰りの登山道から振り返って見て、結構深い沢だったこともわかった。
天気にも恵まれ、沢にも恵まれ、いい1日だった。それに、救助でヘリを呼ぶこともなくってよかった。
いや!!「New faintrack」に穴を開けてだめにしてしまったから(涙…)、±0だ!。
私のfinetrack~!!!穴はど真ん中に開いてしまったけど、上から半袖を着ればわからないか…。
などと、何とかこれからも着られる工夫を考える日々がその後続いた。
こんなことなら、朝から近藤さんに自慢するんじゃなかった…。罰が当たったんだ…。

真40-DSCF4239

真41-桟橋温泉DSCF4245

 finetrackの穴もショックだったが、次の朝、更なるショックが…。
朝、鏡を見てびっくり!顔に5か所以上も笹の葉と茎でついた擦り傷が…。服だけでなくて顔もか…。
なんてことだ…。これじゃあ、仕事にも行きたくないよぉ…。(超ブルー)
 finetrackの穴と顔の傷を除けば、100点満点に近い山行だった。
                                記録:美香子 


真ノ畑沢地図 



スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター