阿弥陀岳南稜  【八ヶ岳】

2011年12月23日・24日・25日
阿弥陀岳南稜
広河原左俣アイスクライミング  【八ヶ岳】

千浩・秀美・他4(NSC)

12月23日 晴れ
船山十字路7:00発→8:05旭小屋→10:40立場山→12:00無名峰→
12:30P1とP2の間(テン場)
12月24日 晴れ
テン場7:30発→10:00阿弥陀山頂→13:00広河原沢左俣出合(テン場)
12月25日 晴れ
テン場7:30発→10:30折り返し→11:30~12:10テン場→12:50船山十字路

1-PC230150

2-PC230153

 今年も、クリスマスに八ヶ岳の阿弥陀岳南稜に行ってきました。
そして、お楽しみのアイスクライミング体験つきです。今回は6名のうち独身4名!!皆いいのかな?(笑)
天気を心配していたが、3日間とも青空が見られいい天気でした。
私は、今回で3回目の南稜です。2回とも寒く耐えられないくらいの吹雪だったので、今回は快適でした。

3-PC230154

4-PC230156

5-PC230159

6-PC240160

 今年は雪が少ない。ラッセル無しで快適にテント場まで行くことができた。
しかし、毎回ラッセル無しでも立場山まではきつかったです。
青ナギまで来ると富士山がとてもきれいに見る事ができた。
久しぶりに、はっきりと富士山を眺める事ができた。
テン場は、先客もおらずその後も私たちのテント2張りのみだった。

7-PC240162

8-PC240163

9-PC240175

10-PC240178

11-PC240183

12-PC240184

 2日目、今日も天気です。防寒対策をしっかりして出発した。6人もいると待ちがあるのでとても寒かった。
P3の状況は、最初の取り付きが少し難しく感じたが、
その後はバイルをきかせながら登れば安心感もあり稜線にでるのも問題なく通過出来た。
今回は、2ピッチに分け通過。私は、寒さに耐えられず2ピッチ目は問題ないと判断し、ザイル無しで通過した。
山頂には、3パーティー程登って来ていた。

13-PC240189

14-PC240190

 寒いので、記念撮影し御小屋尾根を下山。
途中、踏み跡やテープを見つけながら、広河原左俣への下降口を探した。なかなか見つからず。
雪が無いと踏み跡も分からない。テープも雪が無いので、
目線よりも上にテープが巻いてあり、かなり分かりにくかった。
GPSでも確認しテープを見つけて下降するが、今度はその先のテープがない。
藪こぎのように、道なき道を下降。他のメンバーは、どうだったかは分からないが、私は沢気分で結構楽しかった。
でも、今日の核心は、藪こぎだったと思う。

15-PC240201

 テン場には、4貼りぐらいテントがあった。
雪が無いので、石を見つけるのに苦労し、張る場所も限られ、4テンはかなり傾いたテン場となった。
しかし、今日はクリスマスイブ!!楽しまなきゃと、言うことで文句言わずみんな協力して鍋を囲んだ。
Kさんが持ってきてくれた、クリスマスケーキを食べ、時々K君をいじりながら・・・・楽しく過ごした。


16-PC250210

17-PC250211

18-PC250217

 3日目も晴れ。メンバーの体調もよく全員で左俣を登る。
雪が少なく昨年に比べると滝の氷の状態もあまりよくない。3mのちょこっとした滝がある。
ロープをだして、皆楽しみながら登る。小滝、ナメ滝は、ロープ無しでも直登可能。
5mの垂直の滝はロープを出して登る。少しトラバースぎみに登り上がるので少し登りにくい。
上部の滝まで行く予定だったが、氷の状態も期待できないことと時間も中途半端なので、
ゴーカイジャーごっこを楽しんでテン場まで引き返した。
テントを回収し、あっという間に下山しました。

19-PC250220

20-PC250229

21-PC250231

 駐車場に着くと・・・雪が3センチほど車に積もっていて、“おつかれさま”と指でなぞってありました。
謎のメッセージを書いた人はだれだったのか・・・・お疲れ様でした。
記録:秀美























































 
スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター