天然公園 山スキー 【天然公園・奥三界岳】

2012年2月26日
天然公園 山スキー 【天然公園・奥三界岳】
渡辺・大祐

瑞浪5:00=夕森公園ゲート前6:40/7:00-銅穴の滝7:20-天然公園登山口8:00-
1300m辺り10:00-稜線10:40-天然公園11:25/11:45-P1574m辺り13:30-
P1472手前コル13:46/14:00-林道15:40-林道分岐16:30-上の登山口17:00-
銅穴の滝17:40-夕森公園ゲート前P18:00/18:10=瑞浪19:30

天1--120226_064456

裏木曽の山へ山スキーをしに行ってきました。
私の誘いを断りきれなかった大祐は雪の無い林道ゲート前で不機嫌そうです。

天2--2-26-1P1020617

 さて、昨年山スキーの道具を揃えた目的を果たすべく裏木曽へ向かいました。
本日は、夕森公園上部の林道ゲートから林道を辿り、裏木曽最南端の1500峰【天然公園】へ登り、
ここを裏木曽山スキー縦走の始点として北西に伸びる裏木曽【阿寺山地】の主稜線を縦走して
【奥三界岳】を回ってゲートへと戻るという計画です。

天2--2--120226_071035

天3--120226_080055

 例年の今頃に比べ雪が少ない上に先週降った雨の為にゲート周辺に雪は有りません。
ズッシリ重い板とスキー靴を背負い運動靴で林道を行きます。
【銅穴の滝】辺りから林道にも少しずつ雪が付きはじめる。
天然公園への登山口がある手前の久手谷を渉る手前でスキー靴に履き替えた。

天4--2-26-2P1020619

天4--2--120226_091137

天5--120226_095444

 徐々に登山道の雪も増えてはきたが急峻で道幅も狭いためツボ足のまま登った。
更に登り、更に雪は増え、更に雪も緩んでズボズボと埋まり。
交代しながらのラッセルもきつくなってきた。
ここまでスキーを担いだまま3時間。

天6--2-26-3P1020621

 1350m辺りの幾分傾斜の緩んできた所からシールとスキーアイゼンを付けたスキーを履き谷沿いに稜線を目指した。
先日の雨の性で表面は塩梅良くクラストしており、スキーで登高し易い状態です。
アイゼンを効かせガシガシと快適に高みを目指します。
歩き易すそうな所を選び、登山道を何度も横切り広いなだらかな尾根に出た。

天7--120226_112314

天7-2--2-26-5P1020634

 木々は濃いものの雪はそれなりにあり、スキーを履いていれば何処へ行くのも問題ありません。
稜線で積雪60cmくらいだろうか。
誰もいない思い出の【天然公園】の三角点に着いた。
休憩してから周遊する遊歩道を一周したが、何処が湿原だか分からなかった。

天8--120226_122152

天9--2-26-6P1020640

 ここから【奥三界岳】方面の尾根を辿る。大輔のGPSを頼りに進みます。
GPSは本当に凄いですね。
地図とコンパスを頼りに徘徊する楽しみは無くなりますが安全性と信頼性は高く、また時間が省けます。
『GPS欲しいー!』

天10--120226_124843

天11--120226_132612

天12--120226_133819

 なだらかな1559mのピークを越して1574mとのコルに出る。
1574mへの登りは急で笹藪も深くて稜線通しで登るのは無理。
脇の雪の深い斜面をトラバースしたが倒木や立木の枝に行く手を阻まれ難儀した。
これが裏木曽の山スキーってなもんだ。

天13--2-26-7P1020650

天14--2-26-8P1020654

 それから広い尾根の小ピークをアップダウンして1472mの手前の鞍部に着いた。時間は14時。限界です。
計画当初から分かっていたが今日中に【奥三界岳】の山頂を踏んでくるのは無理。
ここから真下に見える林道へ藪を漕いで下ります。私は板を担いで、大祐はスキーを履いて下り始める。
谷は思ったより急で見た目より雪も無くて笹も深い。
途中から雪のルンゼに入り込む。この方が下へ進みやすいけどなんせ急です。
雪の下にはボロボロの滝が隠れています。1m、2m、3mの滝を騙しながら下った。
林道に辿り着く最後の一歩まで気が抜けなかった。

天15--2-26-9P1020657

 後は林道を下るだけだけど、これが地図で見ても嫌になるほど長い。
【昇竜の滝】分岐からはなだらかな下りになる。ここで大祐はシールを剥がし先に行った。
私は足がもうガクガクで下手にスピードが付いたら
コントロールし切れず崖から落ちそうな気がしたのでシールを着けたまま下った。
大きく林道がカーブした所からスキーを担ぎ標高差300mを登山道で一気に下る。

天16--2-26-10P1020660

 谷まで下り、吊り橋を渡って林道へ出た所で運動靴に履き替えた。
ヘロヘロです。『疲れた。もう歩きたくない。』
大祐に疲れたかと聞いたら『心地よい疲れです』と言う。流石に若いな。
もう歩きたくないけど歩かないと車へ戻れないので気合を入れ直して歩く。

天17--2-26-11P1020682

 車を停めたゲート前を出発してから戻るまでに丁度11時間掛かった。
雪は『あわよくば』というのは有ったが端から期待していなかった。
それより未知の、そして多分今まで誰も山スキーで歩いた事の無いであろう
(誰も山スキーで歩こうなどと思わない)裏木曽の藪っぽい稜線の一端をトレース出来ました。
これが私の目指す珠玉の山登り。至福の山登りだ。
他人の記録を見、真似してそこへ行くことをアルピニズムとは言わない。
記録:渡辺

2011.2.26天然公園山スキー - コピー






































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター