十津川支流 滝川本谷 【釈迦ヶ岳】

2012年5月4日・5日
十津川支流 滝川本谷 【大峰山脈 釈迦ヶ岳】
渡辺・美香子・千浩・秀美・智尋

4日 瑞浪発5:00=花瀬林道終点P10:45/11:10-ドウノ谷出合13:40-テン場14:30 △
5日 テン場7:15-二股9:30-稜線11:10-釈迦ヶ岳11:40/12:15-天狗山14:20-
   嫁越峠15:30-ドウノ谷出合17:50-林道P18:45=橿原市極楽湯22:10/23:20=
6日 瑞浪着3:40

GW春山の計画は二泊三日の北アルプスの立山登山だったが週間予報は雨。
予備案で中央アルプス一泊二日の沢登り。最悪日帰りで中ア前衛の山へ沢登り・・でした。
しかし結局二日前にそれら全てを諦めた。
雨の雪山へ、雨降りに沢を登っても楽しくないからね。
奈良方面の天気は回復傾向だ。急遽水野君に計画を出して貰ったのが今回の沢です。

1-DSCF5741

さて、釈迦ヶ岳って、滝川って何処にあるだ?。地図を見てもよう分からん。
PCでルート検索すると登山口まで5時間40分も掛かるし・・。
ちょっと後悔したが、まぁこんなことでもないと中々行けないので
切り替えて楽しんでこようと思う。

2-DSCF5742

十津川村に入ってからが長かった。十津川村は村としては日本一広い面積だそうだ。
延々と林道を行くと怪しい宗教施設のあるらしい林道終点ゲートで行き止まり。
不動の滝を眼下に見る林道脇の駐車地に車を置いて曇り空の中を出発。

3-DSCF5743

4-DSCF5749

鉄骨の吊り橋で対岸に渡り登山道?を行く。
全く怪しい宗教の人たちが働いている大きな倉庫前から本当に怪しい
宗教施設に向かう吊り橋をまた渡り、川沿いに続く作業道を暫らく行った所から入渓した。
川幅は広く、水量も多く、飛び石に右へ左へ渡りながら進む。
水に足を捕られてもまだ五月だというのに裏木曽の谷ほど冷たくはなかった。

5-DSCF5751

6-DSCF5753

7-DSCF5756

大きく困難な滝も無い代わりに単調な川原歩きが続く。
両岸は明るい粗林で右岸はなだらかな台地が続いている。
そこには踏み跡もずっと上流へと伸びていています。
その魅力には勝てず、有るモノは利用しましょう。

8-DSCF5760

9-DSCF5765

ドウノ谷出合には吊り橋のワイヤー3本だけが残っていた。
そこから先にも踏み跡がある。小雨が降ってきた。
踏み跡を歩いたり川原を歩いたりしながら傾斜の緩い谷を遡行した。
雨脚が強くなってきた。風も吹いて少し寒くなってきた。

10-DSCF5772

そろそろ今夜のキャンプ地を探そうと右往左往していると
タープが張ってあり先客の人達がいた。
それをそっと遣り過ごし、良いのか悪いのか妥協地点にタープとツェルト2枚を張った。
冷たい雨が降る。雨に濡れた小枝と倒木を集める。
タープの脇で火を点ける。燃えない。燃え上がって来ない。

11-DSCF5777

女性二人は夕食の準備。男3人は燃えない薪と戦う。
3人交互にフーフー吹いて脳ミソが酸欠になってクラクラし始めた頃に
ユラユラと赤い炎が上がり出した。
一時はどうなる事かと思った。
雨は降るし、風は吹いてるし、タープだし、寒いし。
今夜は辛いキャンプになるな。
私の35年の山歩きの中でも十中に入る辛いビバーグかぁ。

12-DSCF5785

13-DSCF5788

小枝がオキとなって火が大きく燃え上がる頃に雨が止んだ。
風も止んだ。空気も少し暖かくなった様だ。
早速水野君は生態調査状態に入る。
私はそれを見学し、時に指示を出しながら川原の流木を集めた。
調査では小さな3つの成果がありキャンプ地に戻る。
和田君が一層豪儀に火を大きくしており、夕食も出来上がっていた。
炎と水野さんのメニューは暖かく美味しい。
一転、私の35年の山歩きの中でも十中に入る楽しい山の夕餉となった。

14-DSCF5790

夜中に二度ほど “ゴー!!” っと
大きな風が吹いてタープを大きく揺らしたのを半分夢うつつ中で聞いた。
朝、その風でタープが半分捲くれ上がってしまい水野夫婦が夜中に修繕したそうである。

15-DSCF5801

16-DSCF5802

17-DSCF5804

夜半に月と星を見た。朝から快晴だ。
ナメ床やナメ滝が続き、水も冷たくないので積極的に水線に沿って快適に遡上する。
すると二人の釣り人発見。
彼らに遠慮して右岸の不明瞭な踏み跡を辿って暫らく谷を巻いた。
巻いている間にこの谷の一番の核心部も巻いたようだ。

18-DSCF5807

19-DSCF5809

20-DSCF5816

大きなナメと滝の所で再び入渓した。
ここからはナメとナメ滝が何処までも続く。
ナメナメで 「私、こんなの始めて!」 って美香ちゃんが悶える。

21-DSCF5824

天気も良いし、まだまだ余裕です。
水野君に生態調査を命じた。
「生命反応有りません」 という報告を受ける。

22-DSCF5825

23-

24-DSCF5833

25-DSCF5839

26-DSCF5842

27-DSCF5846

28-DSCF5850

ナメにもナメ滝にも感激しなくなった頃に谷の傾斜がキツクなりはじめ
水量も減って源流の脆い滝やガレ場登りが続く。

29-DSCF5852

30-DSCF5856

31-DSCF5858

パっと明るく谷が開け、振り返ると緑の笹原の稜線が見える頃に
壊れた木橋が行く手に現れ廃道らしき所に出た。
暫らく廃道を辿るとバイケイソウの葉が一杯の稜線。
そこには登山道が横切り軽装な登山者が行き交う。

32-DSCF5860

33-DSCF5864

釈迦ヶ岳のピークで大休止して下山に掛かる。
「下山に5時間掛かるらしいよ」 「ウェッ、5時間か」
それでも歩いてりゃ明るいうちに車まで戻れるさ。
まだまだこの時点では暢気であった。

34-DSCF5868

35-DSCF5880

何笹と言うのか知らないが低い笹原の尾根が続く奥駆道の登山道は快適。
気持ちの良い笹原から何度も今来た釈迦ヶ岳方面を振り返る。
今まで縁も用も無かった大峰山脈だが、中々魅力有る山岳風景を成しています。
但し夏には歩きたくない道です。

36-DSCF5883

37-DSCF5884

最後のピーク天狗岳頂上でも美香ちゃんは苦しそうだけど残る4人は笑ってました。

嫁越峠に着き、いよいよ廃道を下る。 “悪路” とある。
これが悪路どころか目指すそこには道そのものが無い。

38-DSCF5889

39-DSCF5890

GPSと地形図を頼りに地形図の点線に沿って下るも突然崩壊した谷が行く手を阻む。
その谷を何とか越して向う岸に登り、また進むと再び崩れた谷が拒絶する。
美香ちゃんもかなり苦しそうだし
こんな事を繰り返していては体力も時間も消費するだけだ。
16時。遭難騒ぎの “ソ” の字と緊急連絡先の浦本君の顔が浮かぶ。
一気にドウノ谷を谷沿いに下る事を決断した。

40-DSCF5892

地形図で読んだ以上の厳しい所は無かった。
足元は悪いが一気に高度を下げていく事が出来た。
美香ちゃんも苦しみながらもゆっくりであるが休まず下ってくれた。
そのゆっくりのお陰で私の膝も悲鳴を上げずに済みましたよ。
昨日遡した滝川本谷を渡り登山道に出てホッとした。
時刻は18時。まだまだ明るい。
車まで飛ばす。絶対怪しい宗教施設の前は息を詰めて通り過ぎた。

41-DSCF5893

薄暗くなりかけた頃に最後の吊り橋を渡り林道に出ると
和田君の古くて新しいエルグランドが
「お疲れ様、寂しかったよ」 って云って出迎えてくれた。
お疲れだけど着替えもせず、まだ陽のある内にこの谷を脱出だ。
林道から十津川沿いの国道へ急ぐ。
20時。もうこんな時間には何処も “日帰り入浴” の温泉なんか遣ってなく
道の駅で着替え、和田君がドコモノートで検索した橿原市のスーパー銭湯へ向かう。
銭湯で汗を流し、そこで遅い夕飯を食って帰った。
真夜中の2時だというのに亀山から四日市まではGWの渋滞。
瑞浪に着いたのは午前4時近くになった。

42-DSCF5895 

さて今回の合宿は天気の都合で予定を変更してココにしたものです。
回復傾向であったはずが雨にも降られ、
私個人としては全く知識の無い山域へ、碌な検討・研究もせず入ったお陰で
メンバーには余分な苦痛と心配を掛けてしまった。

遡行図まで載った本まであり、
ネットで調べると幾つもの報告が載っている沢に、人の真似して登って楽しいか。
楽しいかどうかは別として、私の意識ではナンセンスな山行だ。
怪しくもクラブ名にアルパインを冠しいるのであれば愚行だな。
ささやかであれ、アルパインスピリットを求めるのなら、
誰も行かない行った事も無い藪っぽい谷で
蜘蛛の巣を掻き分けて登ることこそがパイオニアワークと言えるだろう。

有名美瀑を求める奴は大嫌いである。
しかし遡行図まで載った有名美瀑は確かに美し~い。
また大峰の沢に行くか?。
たぶん私はまた行くのだと思います。
水野君、今度そのトポの載ってる本貸してね。

記録:渡辺



 
滝川 釈迦ケ岳












































































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター