御嶽山 北面(継子岳) 山スキー 

2012年5月4日
御嶽山 北面(継子岳) 山スキー 【御嶽山】
近藤・大祐

会では立山への山行が計画されていた。
仕事で残業続きだった私は例会に行けなかったので連休前急遽大ちゃんらに連絡する。
この立山の計画を聞いて一緒に雪渓滑りでも良かったのだが
ベースキャンプを剣沢まで上げなければもったいない。
2泊3日の計画なのでやっぱり場所の変更をした。
白山詣の計画で東面の雪渓を滑る方向で計画を進めた。
しかしながら直前の天気予報で3日の日が天候が悪い。
大ちゃんと合流してこれまた急遽計画変更をして御嶽山と白山の日帰り2本とした。
すぐに計画書を作り直し大ちゃんと共に前夜発で
御嶽チャオスノーリゾートのスキー場へと向かった。

5-4-1P5050004.jpg

 夜半にチャオに到着するとまだ営業を終えていないスキー場にはたくさんの車。
混んだ駐車場のもう一段下の砂利敷きの駐車場に車を止め
陸上のトラック用に舗装された柔らかなコース上にテントを張らせてもらい仮眠する。
朝起きると昨日降った雨でテント内も銀マットの下はべたべただった。
8時半のゴンドラ始業に合わせ身支度をする。

5-4-2P5050006.jpg

ゲレンデ越しに今日目指す継子岳が綺麗な雪渓をいくつも伸ばしている姿が確認できる。
ここから見る限りでは何とか雪渓は繋がっているようだが。
ここから見るよりも現地まで行けばきっともっと広い範囲で歩けるだろう。
大方のルートを頭に入れ行動開始。

ゴンドラ乗り場へ行くもちょっと時間が早かったか20分ほど長蛇の列に加わって順番待ち。
ゴンドラ外部のラックにはスキー板が差し込めず狭いゴンドラ内に持ち込んだ。
6人乗車で一杯一杯、ザックが邪魔で窮屈だった。標高差にして400m。

ゲレンデトップでシール装着。1ピッチほどの樹林帯歩行から始まる。
ちょっと時期が遅いのか枯葉や枯れ枝が散乱して雪上は汚らしい。
朝一は晴れ間もあったが少しガスが出ている。
この時期は汗ばむのでちょうどいいが展望が楽しめないか?
ルートは見通せるか?などと考えながら樹林帯を抜けていく
ルートはかなり左手に取らなければならないがすぐ脇に沢が入っていてこのまま直上気味に登る。
樹林が終わる手前で左方向へトラバースし雪渓の末端に出た。

5-4-3P5050007.jpg

GPSで確認してもらうとまだかなり左方向だ。駐車場から見た感じとは距離感も違う。
休憩をしていると別のパーティーが登ってきた。
4名パーティーのようだが私たちと同じ初めてのルートのようでその雪渓を登りだした。
ハイ松のトラバースは厄介なので私たちはそれを嫌って
なるべく下部でトラバースして雪の繋がっているルートを探しながら裾野を巻いて行く。
5m程雪が切れていたがハイ松の脇をそのまま板をつけてクリア。

5-4-4P1020870.jpg

5-4-5P5050015.jpg

少し雪渓を斜上し今度は完全に雪の切れたハイ松帯を板を担ぎツボ足で30m程登る。
思ったよりの岩場などがあり登りやすい。
何度かハイ松帯を横切ったが板を担いだのはここだけだった。
結構な距離をトラバースして今日の目的の雪渓末端に出た。
ほぼ真下の方にはマイアスキー場。マイヤからだとすぐなのに…、
しかしマイアスキー場からは登山禁止になっているのだ。
すでに営業を終えたマイアスキー場はすでにコース内の一部は雪が途切れていた。

5-4-6P1020875.jpg

結構急な雪渓を登り途中で休憩しているとルートどりに苦労したのか
先程のパーティーがまた登ってきて私たちの前を通過していった。
私たちももう僅か、久しぶりの山でリハビリにちょうどいいが結構きつい。
頑張って雪渓最上部の雪が切れたところでスキーをデポ。
先程のパーティーらもここから山頂を踏みに行った。
大ちゃんの到着を待って私たちも山頂を目指した。夏道が雪の切れた雪渓上部にあった。
これをたどり5分少々で継子岳山頂着。
天候が下り坂のようで周りの景色がガスの中に隠れて展望も聞かない。
時間に余裕があるので大ちゃんと少し時間をつぶす。
昼食をとったり写真を撮ったりしたがガスは切れる兆しがない。
諦めて下山することに。スキーのデポした雪渓で滑降準備。

5-4-7P5050021.jpg

5-4-8P5050026.jpg

1月に山行へ行ったきりなので久々の滑降。シーズン初めの感覚だ。
結構急で狭いシュート地形。しかしザラメの雪なので滑りやすいでしょう。
私からドロップ、快適にターンが刻める。まだ縦溝も問題なく滑降できる。
トップを代りながら高度を落とすが雪渓下部に来るころには小雨が降りだした。
先程登ってきたところよりも少し下まで滑り込み、ゲレンデへ向け左方向へトラバース。
なるべく登り返しを嫌い行のルートに近い沢上地形から
最後はトラバースしながらゲレンデトップの入山地点へピンポイントで飛び出た。

5-4-9P1020890.jpg

びっしょり濡れたウェアーが寒々しかったが、
生憎気温が高かったおかげで風邪も引かず無事山行を終えた。
またもう少し早めの時期に来たいところでした。
記録:近藤


















































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター