王滝川支流 上黒沢本谷   王滝川支流 溝口川

2012年7月14日
王滝川支流 上黒沢本谷  【御嶽山】
瑞浪4:00=上黒沢林道ゲートP7:30/8:10-二段50m滝下(遡行終了点)10:30-
20m滝下12:00-林道ゲートP16:00/16:30=橋の下17:00 △

2012年7月15日
王滝川支流 溝口川    【御嶽山】
△ 7:30=王滝の湯7:45/8:00-遡行終了点11:15-王滝の湯12:00/13:00=瑞浪14:15

渡辺・大祐・千浩・秀美・智尋


14日(土) 上黒沢本谷
 天気予報は雨模様で「どうする…?」ってメールしたら
「行きましょう」ってな返事が返ってきた。そうか、やっぱり行くのか…。
私が5人居たら間違いなく中止だと思います。

1-DSCF6333

 小雨振る中を集合出発し、
途中木曽谷の木曽川も支流の王滝川も茶色い濁流がゴンゴンと流れていた。

2-DSCF6337

 計画では、初日は上黒沢本谷を遡行し上部で尾根を越えて同東谷を下降する…
という豪儀なモノだが、林道ゲートから出発の準備をするときも雨が降っている。
幸い遡る谷は多少水量が多いだけで流れも然程ってな具合だったが
雨降ってるしテンション下がるし安全のために行ける所までボチボチ行って引き返す事にした。



3-DSCF6344

 行ける所までボチボチ…となると目的も代わるのである。
上黒沢橋の袂から入渓、即長い棒がザックから現れた。
長い棒が出ると意気消沈した気分は吹っ飛び俄然張り切る奴がいる。
水野君、初めてのルアー第一投目でイのつくキノコをゲット。
ゲッ!、それってまぐれですよね。それともあなたは持っているの。

上黒沢1

上黒沢2

4-DSCF6357

5-DSCF6364

6-DSCF6366

7-DSCF6367

上黒沢3

8-DSCF6372



9-DSCF6374

10-DSCF6375

 二段50mほどの滝や40mの滝を高巻いて登っていくと
標高1650mの地形図にある滝まで達した。
果たしてこれがそれかそれは未だ先か、
それじゃないならこれより先にもう少しいってそれも見たい…
という意見も有ったが無視してそこから下降する決断を下す。
『もうええやん、天気悪いし』

11-DSCF6384

12-DSCF6389

13-DSCF6391

14-DSCF6395

 大きな滝の所ではロープを出して懸垂下降を繰り返す。
これでやっと少しはアルパインクラブらしくなったな。
途中にデポしたイのつくキノコはことごとく脱走してしまっていた。

15-DSCF6398

16-DSCF6399

 車に戻っても相変わらず雨は降ったり止んだり。
時折雨脚が強くなったりする。
私が5人居たら間違いなくこのまま帰るのだ思います。
そう思っても口には出しません。

さて、今夜のネグラをどうするか。

17-DSCF6406

18-DSCF6410

 車で右往左往した挙句、雨を避けるためある橋の下でキャンプすることにした。
伐採してある林道脇の木を集め橋の下で焚き火をする。
橋の下の川岸は大岩小岩がゴロゴロしておりとても5人も寝るスペースは無い。
私がゴソゴソと大岩小岩を除きながら寝る場を確保していると
「そりゃ無理でしょ」という奴がいる。
しかしコツコツやれば何とか成る事は嘗て監督が教えてくれている。
秀美さんはコツコツといつものように美味しいご馳走を作ってくれました。

19-DSCF6416

20-DSCF6419

寝る場は何とか確保したが橋の下とはいえ雨が強い風に乗って吹き込んでくる。
おちおち食事もイのつくキノコも焼いていられなかった。

21-DSCF6423


15日(日) 溝口沢
1-DSCF6431

2-DSCF6433

 今日も朝から雨だ。
さぁ、どうする?。
どうするって…やっぱり行くか。
やっぱり私が5人居たら間違いなく中止だな。

3-DSCF6437

 “王滝の湯” 前の広場に車で移動し、ここから藪の中の小道を辿って入渓。
今日も雨だし温泉が開く12時まで川遊びをしてお茶を濁す事にした。
そしたらザックを持たずに付いて来るふざけた奴がいる。

4-DSCF6440

5-DSCF6442

6-DSCF6445

 溝口川は昨日の上黒沢より雨で水量も多く白泡が立って水流も早い。
渡渉を何度か繰り返すが、
水流の多いところでは足が下に付かないうちに流れに持っていかれる。

溝口川1



溝口川3

 流れが少し落ち着いてきた所で「生態調査開始」の合図が出る。
合図を出したのは勿論リーダーのわたしです…やっぱし。

7-DSCF6455

8-DSCF6462

 時間を見計らって遡行中断。
下山は踏み跡のようでそうでもないような藪を漕いで一気に林道まで戻る。

9-DSCF6466

 後は温泉に浸かり、これもお約束の日野百草本舗王滝店に寄って岐路についた。

10-DSCF6469

此の所、個人山計画も含め週末は全て雨に祟られています。
梅雨末期とはいえ梅雨だからしょうがない。この計画も雨に遣られた。
でもこれはこれで皆んな満足したようです。
記録:渡辺
































































































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター