付知川西股谷支流 井出ノ小路谷

2012年7月22日
付知川西股谷支流 井出ノ小路谷  【井出ノ小路山】
大祐・千浩・秀美・他1

土岐4:00----林道P5:50~6:20----井出ノ小路谷出合6:40----F1 7:00----F2 8:00----
林道橋1本目10:45----林道橋2本目13:05----林道P14:35----土岐16:35

7-22-1P1030267.jpg

 水野君から「週末何処か行きませんか?」と連絡が入ったのは金曜日の夜。
それなら!と最近沢装備を購入していた友人(みっきーさん)も誘って行こうかと返信。
急だったので、先週の上黒沢を下流から行くか、
前から行った事の無かった付知の井出ノ小路谷、もしくは僕は未知の鈴鹿方面を候補として挙げた。
直ぐに水野君からは、付知がいいとの返事で井出ノ小路谷に決定。

7-22-2P1030271.jpg

7-22-3P1030276.jpg

 当日、水野家集合として皆を回収。久しぶりに自分のデリ男で出発!
現地に到着後、準備をして早速入渓。増水で早速腰まで浸かる・・・
とりあえず本流を降って出会から遡行する。
普段より水量は多いと思うが中々いい沢!早くも我慢しきれず生態調査をする人約2名(笑)
しかし反応が無い・・・歩いていても魚影が見えない・・・

7-22-4P1030282.jpg

7-22-5P1030288.jpg

 程なく5m程の滝が現れた。到底正面からは突破できそうも無いので左岸側から高巻くことに。
巻いた先、あと数mがやらしかったので、お助けロープで懸垂下降。
みっきーさんも何とか降りてきた。
後から聞くと、やり方は練習したことがあるらしいけど、現場では今回が初めてだったとのこと・・・
じゃあこれからもっと回数重ねて慣れて貰いましょう(笑)

7-22-6P1030299.jpg

7-22-7P1030305.jpg

 それにしても生態調査員2名がテンカラとルアーで探りを入れてるが全く『ア』も『イ』も出てこない・・・
とりあえず調査を中断して先を急ぐことに。

7-22-8P1030307.jpg

7-22-9P1030309.jpg

 途中、遡行困難な場所を高巻くことになったが、岩が脆くてヒヤヒヤ・・・
そういえば付知の本谷も脆かったことを登ってる途中で思い出すがもう退けない(泣)
たぶん本日の核心がそこにあったと思われる・・・

7-22-10P1030311.jpg

7-22-11P1030316.jpg

7-22-12P1030320.jpg

 1本目の橋でとりあえず林道に上がって少し先を見ると1人釣人が居た。
こそ~っと上流へ先回りして見えないところから再入渓。
この辺からなら雰囲気で釣れると思い、僕も調査を開始!
すると、やっぱり居るじゃ~ん!!『イ』が出ました。その後、水野君も待望の一匹。

7-22-13P1030323.jpg

7-22-14P1030326.jpg

 そこから2本目の橋まで4人で調査・・・
でも反応が薄いのは相変わらずで、僕は早々に諦め納竿して、みんなの後をついて行く。
結局、最後まで竿を仕舞わなかった水野君とみっきーさんの忍耐力に脱帽!
秀美さんと先に林道に上がり、「あの2人まだ頑張ってるよ(笑)」と、橋の上から高みの見物。

7-22-15P1030328.jpg

7-22-17P1030338.jpg

7-22-16P1030337.jpg

 帰りの林道歩き1時間半。みっきーさんは結構膝にキテたみたいだが・・・
途中カモシカにガン見されながらも、無事に車に到着!

7-22-18P1030339.jpg

 結局今回も半分以上は竿を出していた『生態調査山行』となりました。
記録:大祐








































































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター