南駒ケ岳 北沢尾根より往復

2012年11月24日25日
南駒ケ岳 北沢尾根より往復  【中央アルプス】
渡辺・大祐・千浩

24日 瑞浪3:00=伊奈川ダム登山口5:30/6:00-ニワトリ小屋沢橋7:00-1850mP9:00-
   2100mP9:40-P2411mP11:30-P2712mP14:00-南駒ケ岳16:00-山頂直下テント地17:00
25日 5:00起床・山頂直下テント地7:10-南駒ケ岳7:30-2411mP9:40-ニワトリ小屋沢橋12:00-
   ダム上流駐車場13:20/13:50=フォレスパ木曽14:20/15:15=瑞浪17:30

 当初の予定では秀美さんが空木に行きたい!って事で
会長が南駒ケ岳から空木岳の計画を立ててたみたいだけど、
肝心の秀美さんが急遽仕事で行けなくなっちゃったみたいで残念だね~・・・
そういう事で今回は、会長と水野君と僕の3人での山行となった。

1-P1030441

 僕は最近ハイキング程度の山だったり、自然薯掘りだったり、
ガッツリ歩荷してなかったので、これから冬に向けて登っておきたかった反面、
どれだけ体力が落ちてるんだろう?という不安も少々感じながらの今回の参加・・・
ここ数日地元から見える中アの山並みは、しっかり雪も付いている。
当然装備も雪山仕様!荷が嵩張る・・・

2-P1030443

3-P1030448

4-P1030452

 24日早朝3時に水野家集合。会長の新車で伊那川ダムの登山口駐車場へ。
準備をして、まだ暗い林道を歩く。
1時間ほどで四合目のニワトリ小屋沢橋の登山道入口に到着。
そこでの道標には、南駒ヶ岳頂上まで5.5時間とある・・・
地形図でみると等高線も混んで、中々の急登に見える・・・頑張って行こう!

5-P1030453

6-P1030456

7-P1030459

8-P1030466

9-P1030467

10-P1030469

11-P1030472

11-2ー11-24-1P1030991

12-P1030473

13-P1030479

 五合目辺りから雪も出始め、徐々に雪山って感じになってきた。
樹林帯を抜け2591m付近まで来ると、正面に南駒ヶ岳が見えてきた。
そこから右へ仙涯嶺の荒々しい岩峰、更に右へ越百岳への綺麗な稜線。
逆に左には空木岳や木曽駒ヶ岳、やはり雪山は綺麗だね~と見惚れていたが、
既にこの時点でコースタイムの5.5時間が過ぎていた・・・時刻は13時。
泊り装備で雪上歩行、まあ時間が掛かるのは仕方ないか?
 山頂まで残り標高差約250m、よく見て2時間、
そこから今日の宿泊予定地の摺鉢窪避難小屋までは1時間ぐらいかな?
しかしここからが辛かった・・・
 何が辛いかというと、個人的には3番目を歩いてるのに、同じ所に足を置いてるのに、
僕だけ沈む・・・時には腿まで埋まって後ろでラッセル・・・まあ一番重いから仕方ないけど(苦笑)

14-P1030491

15-P1030496

16-P1030498

16-2-11-24-3P1040010

17-P1030500

18-P1030503

19-P1030510

19-2-11-24-4P1040020

20-P1030514

20-2-11-24-5P1040022


21-P1030522

21-2-11-24-6P1040026

 結局山頂に着いたのが16時、写真だけ撮って避難小屋まで直ぐに降り掛かる。
しかし雪の状態が悪く進み難い・・・50mほど下った所で会長と水野君が決断!
山頂直下の稜線にテントを張ることにした。
 急いで登り返し、良さそうな場所を整地、雪のブロックを積み風よけを作る。
ここで最近の自然薯掘りのスコップ捌きが役にたったのか?
周りを見ると山がピンクに染まっている。日も陰て眼下には町の明かりが灯り始め夜景も綺麗。
でも今は見惚れている余裕は皆無、写真も撮る余裕も無い・・・
日が落ちると急激に気温が下がってきた。

22-P1030524

23-P1030525

24-P1030526

24-2-11-24-7P1040027

 急いでテントを広げ固定。と同時に何か会長の様子が変・・・胸を押さえて苦しいと・・・
始め心臓かと思ったら、肺が痛いし呼吸をしても普段の半分ぐらいしか吸えないとのこと・・・
これってもしかして肺水腫?とか思ったけど座っても横になっても辛さは変わらないみたいだし、
よく判らないから水野君とただ様子を見てる他ない・・・
テント内を暖めたり、正しいのか判らないけど、
とりあえず痛みを和らげたいから鎮痛剤を飲みたいという会長に鎮痛剤をあげたり・・・
 合間に水野君は手際よく雪を溶かして水作り、流石は慣れた様子。
1時間もすると会長も痛みが和らいだみたいで、とりあえず一安心。
一時はヘリ要請も頭を過ったけど、大事にならなくて良かった。
会長本人も『ヘリ』の文字が浮かんだそうだが、
ヘリなんかで運ばれた日には奥さんに2度と山に行かせてもらえなくなりそう・・・
だから絶対ヘリには乗れん!と思ったって・・・
すかさず水野君と同時に「え~、そういう問題~!?」
そして次にはあろうことか、「用足しついでに一服してくる」と外へ出て行ってしまった・・・
今まで苦しそうに悶えていた人とは思えない・・・恐るべし、流石は会長!
でも今後の山のためにも一度検査はしてくださいね・・・

26-2-P1030535

 会長の体調も大分良くなったみたいなので、早速晩飯の準備。
秀美さん(居ないけど(笑))特製の鍋で心も体も温まる。
秀美さん、美味しく頂きました、ありがとう。

26-3-11-25-1P1040035

26-4-11-25-2P1040046

 翌朝5時頃起床。
お湯を沸かし、朝は豚骨ラーメン。
食べてるころに空が明るくなってきた。外を見るとまだ日の出までは少し時間がありそう。
今日は雲一つない快晴!良い御来光が拝めそうだ。
テントの中で温まっていると、何か、ん~、キタ・・・
背に腹は代えられん!意を決して強風の中、稜線でキジ撃ち。風向き良し・・・
正面に南ア、奥に富士山、ナイスロケーション!おっ、富士山の横から御来光・・・
そして人生でまた一つ思い出深いキジ撃ちが増えてしまった・・・
これも前日戻って稜線上にテント張ってなかったら経験できなかったのだろう。

25-P1030539

26-1-P1030544


26-3-11-25-5P1040074

27-P1030547

今日の行動予定は、空木岳までのピストンから前日の道を下山。
しかし、昨日少し降った時の雪の状態、ノートレース、会長の肺の状態、
その他考えて協議の結果、このまま下山することにした。
荷物をまとめ、下山開始。先ずは前日に続き、南駒ヶ岳再登頂・・・
後はゆっくり景色を楽しみながら無事下山。

26-2-11-25-3P1040058

28-P1030554

29-P1030558

30-P1030561

30-2-11-25-6P1040087

31-P1030563

32-P1030569

 帰りに風呂へ入りにフォレスパ木曽へ行ったら、既に営業を辞めていた・・・
代わりに隣の『あてら荘』という旅館が日帰り入浴をしていたので、そちらで温まって帰りました。

今シーズン最初の冬山登山、久しぶりの歩荷、やはり少し体力の衰えていたのを感じてしまった・・・
でもやっぱり雪山は綺麗です。しかし色々危険も多いです。
会長も言ってますが、苦しく、辛く、凍えなければ見れない景色はやっぱり在ります。

また一つ良い経験が出来た事に感謝です。色んな意味で(笑)

何より今回も皆が無事に帰ってこられた事に感謝ですね。
                                 記録:大祐



33-P1030570
























































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター