空谷山・湯ケ峰

2013年12月1日
下呂御前山・湯ケ峰  【空谷山・湯ケ峰】
渡辺・美香子・林・伊左治

 今日は区の避難訓練である。
家に居るのに避難訓練に参加しないと非難されるので山へ避難することにした。
本当は一人で湯ケ峰なる所へヒッソリと行くつもりで地形図を見ていると
湯ヶ峰の登山口から乗政に続く林道をから北へ破線が記してある。
『気になる~!』『この破線は何だ~!』
北西に伸びる破線の続きを追うと“観音峠”更に“空谷山”とある。
『空谷山…?』『気になる~!』

瑞浪6:10=湯ケ峰駐車場8:20/8:30-観音峠9:40/9:50-下呂御前山11:00/11:15-
観音峠12:00/12:10-湯ケ峰駐車場13:00-湯ケ峰13:10-駐車場13:30/14:10=16:40瑞浪

1-P1050317

 一人で行くつもりだったが3人の暇な仲間を得た。
乗政集落途中から細く険しい林道を車で行く。
まだまだ新車たと思っている私の車のボディに幾筋もの記念の筋が付いたな。
湯ヶ峰の登山口の近くまで登りきると突然舗装された林道に出た。
「なんだこの林道は!?」どうやら乗政川の上流から続いているようだ。
初めから分かっていたらこっちから来たのに。

2-P1050326

3-P1050322

 林道脇からカモシカに見られ湯ヶ峰の登山口に車を停める。
暫らく林道を歩き、その破線の始まりから事は始まった。
元より地図には破線はあるが実際にはそれらしい道は無い。
両側は良く手入れされた檜の林の谷に沿い林業の作業道らしきモノを拾って歩く。
上部で明瞭となった作業道は尾根に続いていた。
1293mピークかは下りとなって観音峠に着いた。

4-P1050332

5-P1050337

6-P1050336

7-P1050341

8-P1050347

9-P1050351

10-P1050354

 ここからの登山道は良く整備されている。
ここから私の歩みは遅くなり、仲間の歩みは早くなった。
下呂からの登山道と合流点からは益々道は広くなり四駆なら登りそうだ。
林くんと伊左治君は…走ってるぜ。
仲間より大分遅れて空谷山に着いた。
空谷山とは下呂御前山の事だったのだ。
勝手に別の名前を付けちゃイヤ!。
私も無名のピークに勝手に名前を付けますけど。
山頂からはガスって御嶽山は見えない。

11-P1050356

12-P1050361

13-P1050368

来た道を引き返す。
ハイキングに向いたとっても明るい道。
1293mピークから東へと緩やかな尾根が寺田小屋山へと伸びている。雪の沢山積もった時にその尾根を歩いてみたいな…みたいな。

14-P1050372

 そこから尾根伝いに付いた明瞭な作業道を辿ると駐車地である湯ケ峰登山口にピッタリと出た。

15-P1050378

16-P1050383

17-P1050389
 
そのまま休まず林道を横切って湯ケ峰へ向かう。
湯ケ峰には立派な避難小屋があり、三角点からは下呂の街が一望できる。
周遊道を半分割愛し車に戻る。それぞれ持ち寄ったカップ麺で遅い昼食。
湯ヶ峰だけでは物足りないでしょう。
湯ヶ峰と下呂御前山のセットか、湯ヶ峰と下呂温泉のセットがお勧めですね。
記録:渡辺

18-P1050390

湯ケ峰 下呂御前山















































































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター