乗政川支流 黒谷左股 【高森山・箱岩山】

2013年12月15日
乗政川支流 黒谷左股  【高森山・箱岩山】
渡辺・秀美

瑞浪6:00=林道ゲート前P7:40/8:00-8:40-二股10:00-
最高到達点11:45-二股12:30-登山口13:30-P14:00=瑞浪16:00
 
秀美さんは『アルプス行きの雪山トレーニング』にと、張り切っている。
私は軟弱で短いコースながら登山道の無い“高森山”の登頂と踏査を狙って出かけた。

1-P1050398

 寒波の影響で昨日は里にも初めて雪が降った。乗政の最終部落から道には雪が積もる。
今日はまだ誰も車でその奥へは入っていない様子。
白草山の入山起点となるゲート前の林道脇に車を停める。積雪5センチ位。
黒谷林道を40分歩くと白草山の登山口。

2-P1050400

 今日は登山道ではなく黒谷の谷を詰めて高森山を目指しその後藪を分けて箱岩山、
そして時間があれば白草山を踏んで登山道を降る予定である。

3-P1050402

4-P1050403

5-P1050404

 暫くは谷に沿った白草山への登山道を歩き、その道が尾根へと向かう手前の堰堤からいよいよ黒谷へと入渓。
林業の作業道か、ピンクのテープが上流へと導いている。
テープに従って歩くと時折雪でハッキリしないが細い作業道らしきモノも確認できる。
しかしそれは僅かな距離で、殆どは谷の水流脇の急な河原の雪の積もった岩の上を歩くことになる。

6-P1050412

 何度も渡渉を繰り返しながらガンガンと谷を詰める。
谷が少し平坦になった標高11350辺りで本流から左股へと入らなければならない。
しかし左俣の分岐が不明瞭である。適当に目星を付け植林帯を登る。
間伐しそのまま放置された間伐の林は歩きにくい。
疲労の割に高度は稼げない。

7-P1050420

 右手に明るい雪の斜面を樹間から確認した。そこは急峻なナギであった。
そして目指すべき本来の谷が更に向こうに確認できた。
そのナギの上部には岩峰が「おいで!」と我々を誘っている。
このまま真直ぐナギを登れば目指す高森山のピークへ一気に辿り着けるぞ、という算段だ。
ナギの雪壁を詰める。最後にいよいよ急峻になったところで木々の密集した樹林へ逃げる。

8-P1050422

 逃げたがソコからは密集した笹が行く手を拒む。雪を被った笹漕ぎとの格闘が始まった。
上部に形の良い岩峰が二つ見える。何とかその岩峰基部まで頑張ろう。
岩峰の頂に登ろう。そしてソコまで行けば新たな展開が開けるかもしれない。
新雪の胸までのラッセルと同じような状態となり、もがくだけで前へ上へと進めない。
雪を被った笹薮は益々我々を拒む。時刻は11時45分。
この先、岩峰基部まで10mを進むのに1時間は掛かるだろう。
1592mの高森山頂まで標高差100m。1500m辺りで断念した。

9-P1050427

 秀美さんは「楽しかった!」と言う。
登山道を登れば苦もなく白草山の山頂に至っていただろう。
登山道を登るだけならこれほど「楽しかった」とは思われず。
今日も誰にも会うことなく我々だけの初冬の雪山を楽しんだ。
記録:渡辺

10-P1050434

高森山・箱岩山





































































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター