小秀山

2013年12月22日・23日
小秀山  【小秀山】
水野・秀美

12月22日(日)
土岐5:45発→ゲート脇に駐車7:40
ゲートP8:05発→登山口8:40→休憩11:10→鶏岩眺望11:35→第一高原13:20→
第二高原13:45→第三高原14:50→避難小屋着15:50
12月23日(祝)
避難小屋7:20発→小秀山山頂→避難小屋7:30発→第三高原7:45→第二高原8:10→
第一高原8:30→鶏岩眺望9:10→登山口10:15→ゲートP10:35着

22日
4月に職場が異動になり、なかなか山に行けず・・・
今回は、22日23日と連休があったので、年末に向けて旦那と一緒に小秀山にでかけた。
少し予定より出発が遅くなったが、無事にゲートまで車で入れた。
乙女渓谷キャンプ場までの林道が凍っていてハラハラしたが、
キャンプ場からは雪があったのでジムニーで快適に到着。

小1-出発ゲート

ゲート入口で装備の確認をしていると日帰りの単独者が登って行った。
登山口の積雪は10㎝程度。風もなくフリースと薄手の長袖2枚で登る。
先行者を追って登ったが、なかなか追いつきません。
じわじわと高度を上げます。暑いので長袖一枚で歩きます。

小2-登山口

小3-登山道分岐

二ノ谷出合分岐までが長かった~。
何度も休憩はまだかまだかと思ったが、なかなか休憩がありません。
さすがに、3時間たった頃に「休憩しよう」コールを言いましたが、
3回ぐらい「あと、もうちょっとしたら・・・」にだまされた。
分岐手前から、ワカンとスノーシューをつけて登りました。

小4-兜岩下

第二高原までは、先行の単独者がトレースがあり、第二高原からは、トレースなし。
先行者は、日帰りのため引き返して行った。
そして、第二高原で休憩していると3人組の登山者と合流
男性1名女性2名のパーティーでした。
山で登山者に会うと自然に話したくなります。目指すは、避難小屋!

小5-幹

小6-第一高原手前

ラッセルして進みます。登山道を外れると何度も踏み抜き・・・大変だった。
最後の登りは、小屋が見えるがなかなか前に進めず・・・。
途中でラッセルを交替するが、私では時間がかかりすぎる・・・すぐに交替。
三人組とも一度交替するが、やはりスノーシューには勝てないようだ・・・・。

小7-先頭を行ってみる

第三高原から小屋までがとても長く感じた。
小屋は、とてもきれいで、銀マットや毛布、木のテーブルまでありました。
大事に使わせてもらうことにした。今日は、私達と3人組のパーティーだけでした。
小屋は2部屋に分けることができ、
手前に6畳ぐらいの部屋があり引き戸を開けると奥に10畳ぐらいの部屋がありました。
私たちは、手前を使わせてもらいました。

小8-小屋発見2

小9-秀峰舎の中で

今日の夕食は、牛丼とスープとケーキ。
ケーキは、せっかく砂糖菓子のサンタとクリスマスツリーも買ったのに、
生クリームを持ってくるのを忘れてしまった。
ロールケーキを2段重ねにして間に生クリームをはさんで、
最後に上にデコレーションをしようと思っていたのに・・・・残念。
しょうがないので、一段ずつ食べました。

小10-クリスマスケーキ1

小11-小屋からの朝日

小12-小秀山山頂

23日
5時40分起床。テントの中は、キラキラしています。
さむ~いのを我慢して、ラーメンを作ります。
朝食を食べて、装備を整え、小屋の大掃除をして山頂へ出発。
「あれ、こんなに近いの・・・」小屋のすぐ横でした。
山頂からの眺めは最高でした。久しぶりに朝日を見た気がします。
やっぱり「山はええな~」と思った。

小13-山頂から御嶽1

小14-山頂から小屋を見る1

下山は、びっくりするくらい歩きやすいです。
あんなに苦労した第三高原までが、15分で着きました。
昨日よりも天気が良くて、青空と雪原が見事でした。
あっという間に、第一高原まで来ました。
鶏岩眺望から登山口までは、ジグザグの道なので疲れますが、下山は3時間ほどで下山できました。

小15-景色を眺める

小16-第三高原を下山

小17-下山第一高原へ

今年度、初めての雪山。いい、トレーニングができた。
土岐から車移動が2時間で雪原ありラッセル体験もでき、
山頂の眺めもよしで、また行きたい山となった。
ラッセルご苦労様でした。
記録:秀美

小18-下山樹林帯3

小秀山-6

































































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター