火打山・三田原山 BCスキー春合宿

2014年5月3日4日5日 
火打山・三田原山 BCスキー春合宿  【頚城山塊】
渡辺・千浩・秀美・林・伊左治

合宿に間に合わせてルーフボックスを買ってくれた
「伊佐治君有難う!」のステップワゴンは午後10時に水野家を出発し高速に乗って笹ヶ峰を目指す。
GW後半前夜の高速道は同じ方向へ進む車が一杯走っている。こんな深夜に皆何処へ行くのであろうか。
笹ヶ峰の駐車場の脇にテントを設営し朝まで仮眠を取る。結局テントは最終日まで同じ所に貼りっぱなしとなった。

三ー1DSCF8643

三ー2DSCF8647

三ー3ー1DSCF8651

5月3日 
シールを貼って踏み跡を追い、疎林の緩やかな台地を抜け黒沢に掛かる黒沢橋に出た。
橋を渡るとそこから百曲りの急登になる。
スキーを履いたまま谷沿いの急斜面をジグを切ってトラバースし尾根に出るまでが苦闘だった。
思わぬ苦労と時間が掛かってしまった。尾根に出て一休みしてスキーを背負い
更に急な夏道をひと登りしたら尾根は緩やかになった。

三ー4DSCF8653

三ー6DSCF8658

三ー7DSCF8667

そこから暫くで富士見平に着く。
「スキーを履いて歩くの嫌い!」な秀美さんが遅れがちになる。ここまでに予想外時間を喰ってしまった。
みっきーさんの提案と協議の結果、今日は此処から火打山を往復するのは辛いので黒沢山に登り黒沢に滑降し、
妙高外輪山三田原山に登りかえして東面の斜面を下ってベースに戻ることにした。
しかしこれも苦労が予測されるのである。黒沢山の頂上からは私的には吐き気がするような急斜面だ。
みっきーさんと伊佐治君は頂上から滑降したが、私は「これは無理無理」と少し降りた肩から下った。
 
三ー8DSCF0833

三ー9DSCF0837_R

三ー10DSCF0842

三田原山へ登り返しがまた辛かった。とうとう三田原山の山頂はホワイトアウト状態。
少し下った鞍部から藪っぽい斜面へいよいよ滑降が始まる。
「これも無理無理」メンバーで一番スキーの下手糞な私は下りを心配していたが
この様な状況で甘えた事は言ってられない。覚悟を決めて斜面に突っ込んだ。

三ー11DSCF8686

三ー12DSCF0847

途中何度もGPSと地図で現在地を確認しながら下った。
下部のブッシュも傾斜が緩やかだったので何とか事なきを得て抜けることが出来た。
ベースのテントに辿り着いたのは午後5時。10時間の行動であった。疲れた。

三ー13DSCF8696_R

5月4日 
今日はまた同じ登山ルートから火打山へリベンジだ。
昨日より一時間早く出るし、富士見平までは昨日歩いているルートをトレースするのだから…
大丈夫だという理屈であるが、昨日歩いて苦労した道を再び辿るというのは難儀な話である。

火ー1DSCF0850

火ー2DSCF0855_R

火ー4DSCF0859

火ー5DSCF0860

今日、私は百曲りの急騰をツボ足の登山者のステップカット跡を頼りに初めからスキーを担いで登る。
他の皆は昨日と同じトラバース跡を辿って急斜面を尾根まで登ってきた。
富士見平までは昨日と変わらぬペースである。違うのは昨日より一時間早いだけ。

火ー6DSCF0862

火ー7-2DSCF0878_R

火ー7DSCF0875

火ー8DSCF0884

高野池ヒュッテで「疲れた、私、ここで待ってる」という秀美さんをなだめ騙して山頂に向かう。
火打から下山してきた多くの登山者とすれ違う。肩まで来たら冷たい強風が舞っている。

火ー9DSCF0887

火ー10DSCF0889

火ー12DSCF0897_R

火打の山頂では風が幾分弱まっていた。
全員揃った所で記念写真を撮りシールを剥がし、
いよいよ今合宿のメインディッシユ、火打山頂からの滑降が始まる。

火ー13DSCF8720

火ー14DSCF0903

山スキーでは切り込み隊長はみっきーというのが阿吽のお約束の様だが、
行く前から醜態を見せようとも私が一番にドロップインしようと決めてました。
今シーズンのスキー場での練習の成果を見せるためにも。
傾斜がそんなにキツクないこともあって何とか転ばずに天狗の庭まで滑り下りることが出来た。
秀美さんも一転「楽し~い!」と満面の笑みである。

火ー15DSCF0909

火ー16DSCF0912_R

火ー17DSCN2208

高谷池ヒュッテから富士見平に登り返し、下山は登ってきた道を引き返す。
今日も既に時間が遅い。急な破の斜面を騙しながら(私は)黒沢まで下った。
黒沢橋に直接降りる斜面にルートを選んだ私はスキーを担いだまま10mほど滑落した。
幸い怪我は無かったが滑落したという精神的ダメージは大きかった。
新品のパタゴニアの雨具に穴も開いたな。

火ー18DSCF0924

火ー20DSCF0928

今日も5時過ぎにBCに帰り着いた。疲れた。明日はもう無い。帰るだけだ。良かった。
そう、明日の天気予報は朝から雨。明日はゆっくり帰りましょう。
と言う事で夕食を食べ、お約束の大富豪大貧民に遅くまで興じた。

火ー21__ 3

火ー22DSCF0931

さて、私は今回の火打山スキー合宿に参加するのに相当の覚悟と期待を持って臨んだ。
大げさなようですが、マジです。昨年今頃の私だったら参加はしていないと思う。
今シーズンは、私的にゲレンデへ通いスキーの練習をした。
みっきーセンセの教えを思い出しながら反復練習し、
水野君はわざわざ仕事を休んでまで平日スキー場へ付き合ってもらい、伊佐治君にライバル心を燃やし。
それで上手くなったとは思わないが以前の比べ滑り方が全く変わった様に思う。
若い仲間たちに上りだけでなく下りも足でまといにならない様に
着いていく事が出来たのは本当に自信になりましたよ。
記録:渡辺

火打・三田原-1






















































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター