御嶽山 BCスキー ゴジラの背シュート

2014年5月31日
御嶽山 東面 BCスキー 和哉シュート  【御嶽山】
渡辺・千浩・林

土岐5:30=ロープウエイP8:00/8:30=山頂駅8:50-2700m辺り10:30-
剣ヶ峰12:00/12:35-二ノ池12:50-2050m辺り13:40-山頂駅14:25=
ロープウエイP15:10

遅咲きの山スキーヤーの私ですが、何か?。

仲間達の心は既に山スキーシーズンはお仕舞いで、沢登りモードになっている。
しかし、遅咲きじゃなくて、
山スキー始めるの遅すぎの山スキーおじさんには時間がないのである。

1-P1050997_R

今日の計画は、御岳山スキーはロープウエイから黒沢ルートをハイクアップし、
剣ヶ峰頂上から一ノ池、二ノ池、三ノ池へドロップインして
三ノ池の縁から開田登山道のある尾根を滑降し、2,050m辺りから湯川の谷へ降り
等高線に沿ってロープウェイ山頂駅に戻る。という周遊ルートである。
目的は次期シーズンに向けた新たなる滑降ルート開拓の為の下見。 です。

2-P1050998_R

山スキーのシーズンオフで迷惑そうな仲間を誘った。誘ったら二人が仕方なく乗ってくれまた。
「六根清浄 お山は晴天」
暑くなりそうだ。

3-P1060001_R

4-P1060004_R

雪は山頂駅近くまで続いていた。
他の山スキーヤー達を真似てその残雪の末端から板を履く。
樹林帯の尾根通しに登る。

5-P1060008_R

6-P1060011_R

幾らか疎らになると今日降りる予定の開田登山道のある尾根が見える。
そしてトラバース予定の2,050m辺りは青々として見える。

7-P1060014_R

仲間たちは口々に 「無理でしょ」 とか言う。
予定は変更ですね。まあ私に付き合ってくれただけで十分満足。

8-P1060019_R

9-P1060024_R

森林限界を過ぎると益々初夏の陽光は照りつける。汗だくになる。
暑い、苦しい。苦しい、暑い。
しかし私はこの山スキーのハイクアップの苦しさがちょっと好きです。
そしてやっぱし山は無風快晴が良いよね。

10-P1060025_R

11-P1060027_R

12-P1060033_R

13-P1060036_R

3時間で剣が峰に到着。

前回のマイヤへのシュートは大祐を誘ったものの
行く前から “ドキドキ” 。地形図を見ただけで、こんな急斜面を降りられるだろうか。
行ってみて “ハラハラ” 。寒いしクラスとしていて怖いし。
滑ってみて “モジモジ” 。雪が緩んで滑落は無いと分かっていても腰が引けてしまったし。
今ひとつ楽しめなかった。
今日は心が “ワクワク” して仕方ない。滑る前から思わず笑えてしまう。
技術が上がった訳じゃないけど前回のマイヤのシュートで更に自信はついたからね。

15-P1060038_R

16-P1060043_R

剣が峰の社務所裏から一ノ池へ向け、みっきーさん、水野君、そして私と続いてドロップン。
楽し~い!。

17-P1060055_R

19-P1060068_R

18-P1060063_R

20-P1060070_R

21-P1060074_R

二ノ池に滑り降り雪の切れた稜線の端から東面の斜面を覗う。
当初の予定はダメになったが、
折角なので登ってきた斜面を滑り降りるなんてしたくないしなぁ。
上りで狙っていた大岩の間のシュートの位置を丁度登ってきたガイドの様な方に聞いた。
このシュートは帰ってから調べると「和哉シュート」と呼ぶらしい。

22-P1060078_R

23ー2014,5,31_R

24-2014,5,31_R

両岸大岩に挟まれた雪のルンゼに滑り込み、ソコを抜けると素晴らしい大斜面が続く。
超楽し~い!!。
途中何度も今降りてきたシュートに残した3人のトレースを振り返る。
嬉し~い!。

25-P1060081_R

26-P1060086_R

27-P1060091_R

400m程滑り2500m辺りから登ってきた尾根にトラバースした。
トラバースした所で大休止。
大休止した所から振り仰ぐ。
超嬉し~い!!。

28-P1060092_R

29-P1060093_R

30-P1060101_R

31-P1060105_R

32-P1060106_R

濃い樹林の下りも何とかクリア。
下りのロープウエイの中でも、帰りの車の中でも嬉しくて笑みが溢れて仕方なかった。
山スキーを始めて三年。今までで一番楽しかったかもしれない。

33-1060112_R

まだまだ私のスキーの技術は未熟で
仲間たちと同じような積りでいてはいけないという事は分かっている。
だから来シーズンもゲレンデに通って練習をしよう。
雪山の全てが山スキーではない。
全てではないが山スキーを始めてみて新たな雪山の世界が広がったな。
そして改めて思う。
山スキーは中高年向きな登山形態だと。
技術を身につければ下りは早く膝への負担が軽く済みます。

山スキー始めるの遅すぎの山スキーおじさんには時間がないのである。
元気なうちに裏木曽の稜線を、御岳の未知なる斜面を沢山滑ってみたい。みたいな。
記録:渡辺

御岳ロープから湯川-和哉シュ


















































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター