御岳北面 秋神川支流 与十郎谷・眞俣谷

2014年7月20日・21日
御岳北面 秋神川支流 与十郎谷・眞俣谷  【御嶽山】
渡辺・大祐・秀美・林

20日
土岐4:00=チャオP7:00=与十郎橋P8:00-ヒヨングリ滝8:30-螺旋の滝8:50-
大滝11:15-県道13:20- 与十郎橋P15:00=幕営地16:00
21日
起床3:00幕営地5::40=与十郎橋P6:00-支流の美瀑7:00-大滝上8:00-
白糸の滝8:30-胡桃大滝9:20- 林道10:00-与十郎橋P10:50=
濁河温泉12:00=土岐18:00

海の日に因んで山へ行きました。結局何時も山にしか行きません。

人の手ベタベタで記録も多い谷には余り魅力は感じませんが、
それでも一度は行っとかないと・・という訳で当初は西面、兵衛谷・シン谷へ行く予定でした。
しかし天候不安定なため北面の谷二つに日を分けて。
結局その谷の情報もネットで調べたんやけどね。

20日 与十郎谷
与1-P7200023

与2-P7200024

与3-P7200025

与4-P7200027

チャオスキー場で夜明けの乗鞍岳を拝み、
林道の様な県道を下って与十郎橋の袂で用意をして出発。

荒廃した林道の草を分け進み橋の袂から入渓。谷は予想外に水量少ない。
編著なヒョングリ滝です。元気に飛び出してます。
私のも昔はコレくらいの角度で勢い良くひょんぐりしてましけどねぇ。
右岸に踏み跡が有ります。踏み跡は嬉しいやら悲しいやら。

与5-P7200031

与6-P7200035

与5-1P1020534

与8-P7200040

与9-P7200041

与10-DSCF1276

落口から更に幾つもの小滝が続きました。どれも水流脇に沿って上がれます。
水流に沿ってでも上がれそうだけど御岳の谷の水は冷たい。
暫くで螺旋状の斜瀑が現れました。綺麗です。
皆んな写真をバシャバシャ撮っています。私もバイャバシャ撮りましょう。
私のカメラは新調したTG-3。コレで撮影のストレスから解放されました。

与11-P7200050

与12-P7200053

与13-P7200059

与14-P7200068

与15-P7200071

この斜瀑をみっきーさんは水流に沿って攻めます。危険な人です。
ここの右岸にも巻道が、それも途中細引きがフィックスされています。悲しいやら嬉しいやら、やけどね。
谷が少し開けた所でやおら大祐君が棒を出して生態調査。イの付くキノコを採取。
休憩していると秀美さんが「何か岩の間から出てきた」って。サンショウウオでした。
クリクリ眼の可愛い顔した気持ち悪い生物です。

与16-P7200082

与17-6P1020583

与18-P7200104

与19-P7200106

与20-P7200112

与21-P7200114

与22-P7200117

与23-P7200120

再び谷が狭まると5m~8m程の滝が次々と続いています。
そして現れた、大滝。これがこの谷のメインですかね。
みっきーさんは滝壺に向かって何かを放り込んでいます。
「こんなに大きな頭が見えた」拡げたその手を見れば体長50cmはありそうだと思う。
秀美さんは修行です。その姿を見ていたら夏が来たなぁと思いました。

与24-P7200126

与25-DSCF1281

与27-DSCF1305

与28-DSCF1331

与29-P7200130

与30-P7200132

与31-P7200136

与32-P7200139

与33-P7200142

その滝は左岸のルンゼを詰め乗り越え、その先にも楽しい滝が幾つも現れました。
流れも穏やかになったころから油の匂いがしてきた。
そして県道の橋の工事現場で終了。
県道から胡桃大滝へ降りる林道を辿り90分で車まで戻る。

与34P7200143

与35-DSCF1354

与36-DSCF1355

与37-DSCF1358

与38-P7200169

さて、今夜は・・快適なねぐらを見つけました。
寝床と炊事場にタープを貼って倒木を集め山のキャンプ開始。
スイカとモロコシを食べ初食当のみっきーさん麻婆茄子、
そして十分炙ったそれを食べてお休みなさい。

与40-P7200176

与42-DSCF1359

与41-P7210180

翌朝は「3時起床」・・「早すぎない」
幕営地の原状回復などして結局眞俣谷に入渓したのは6時。

21日 眞俣谷
眞1-P7210187

眞2-P7210191

眞3-P7210193

始めはタラタラとした瀬と小滝ばかりで変化がない。
みっきーさんは昨日の大物が夢にまで現れた様子。
早速長い棒を出して夢を追いかけ始めた。

と、突然高くカブった側壁が現れゴルジュの予感。
水量が少ないので水に浸かりながら双璧の間を抜ける。

眞4-DSCF1367

眞5-P7210205

眞7-DSCF1369

ゴルジュを抜けた正面を見て思わず「おぅ」っと声を上げる・・・程の、、、
見事な滝が支流の谷から緑に覆われた側壁に流れ落ちている。
ここでしばし撮影タイム。

眞8-P7210210

眞9-P7210216

眞10-P7210220

眞11-P7210224

更に上へ行けば30mの大滝が行く手を阻む。
右岸の広いがガラガラのルンゼから上部でロープを出してトラバースし
滝の喉上部へ降り立つ。

眞12-DSCF1386

眞13-P7210228

眞14-P7210230

眞15-4P1020661

眞16-5P1020672

降り立った先の側壁にまたしても白糸をスダレに垂らした滝が。
幅もあって白糸の一筋一筋は点となって連続しています。
ここでまたもや撮影タイム。

眞18-DSCF1398

眞19-DSCF1403

みっきーさんはそれらに惹かれることもなく夢を追い続けている。
追い続けているが夢は夢の様で、堪らず私も棒を出し生態調査。

7P1020682.gif

眞20-DSCF1408

そして遂に胡桃大滝まで来た。
今まで見てきた滝が余りにも素晴らしかったので高く大きいだけのこの滝には誰も惹かれない。
但し迫力は万点で、それをバックした大祐君をモデルにしたコレが
今回新調したカメラで撮った写真の中で一番のお気に入りかも。しかしHPにアップしてから気づいた。
要らんのが左下に写っとるやないか。
その要らん人は最後の最後までルアーで粘ったが、ひとつもイの付くキノコを収穫できなかったね。
収穫出来ても出来なくてもそれに拘る奴は良いよね。それがセンスというものです。

眞21-P7210258

眞22-DSCF1414

さて、ここで 「ここで終わりにしましょう・・か」 などと無粋な事を言い出した奴がいる。
皆の真意ではないと思い
「目をつむって多数決取るで。もうここで終わりにしたい者は手を挙げて」 と言うと、
全員目を開けたまま手を挙げやがった。
どういうこと。
TOKIアルパインクラブは未知へのチャレンジャーとしてパイオニアなワークを積極的に行うのではないのか。
それがアルパインのスピリットなのだが・・。
どうやらここにいる4人全員がもうお仕舞いにしたがっているようだ。仕方がないなぁ。滝はイッパイ見たしね。

眞23-P7210276

眞24-P7200147

結局滝見物の遊歩道を辿り、昨日と同じ林道を車まで下る。
途中濁河温泉に浸かり五平餅を食べながら帰路につきました。

眞25-P7210280

眞26-P7210282

眞27-P7210284
クラブの新たなる山域研究の対象としての御嶽山。
御嶽山は独立峰だが東西に、そして更に南北に長大で裾野の広さは富士山にもけっして劣らない。
その御嶽山北面の二つの谷を始めて踏査しました。
御嶽山にはまだまだ誰も行っていない、誰も行きたがらない谷、そして滑降対象となる斜面が沢山ある。
記録:渡辺

御岳与十郎谷眞俣谷HP用















































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター