白草山

2014年10月11日
白草山
美香子・他1

稲津コミュニティセンター6:00-7:55駐車場8:05-林道-登山口8:35-
箱岩山との分岐9:50-10:05白草山山頂10:15-10:30箱岩山10:35-
10:45分岐で休憩11:10-登山口12:15-林道-駐車場12:40-
稲津コミュニティセンター15:30

 本当にすがすがしい、絶好の登山日和となった。
7時半から8時の間に登り始められれば人も少なくていいかなと思って6時出発にした。
けれども、駐車場についてびっくり。すでに10台ほど車が止まっていた。
やっぱり、誰しもこんないい日に山に行きたいと思うのだなあ。
靴を履き替え、荷物を確認してザックを背負う。
私たちと同じくらいの時間に2パーティが出発した。

30分の林道歩きはちょっとばかり退屈。
それでも、所々で見える近くの山々の様子にちょっとばかり感動する。
登山口のちょっとしたつり橋を渡り、頂上を目指す。蒸し暑くて汗がじりじりと出てくる。
まだまだ高い木々に囲まれているから直射日光にはさらされていないのに、
この先が思いやられるな…。
途中でほんのちょっとだけ水分補給の休憩をとってまた登り始める。
登山道は岩がごろごろしているところもあり、ちょっと驚いた。
また、中央が削れてしまった箇所もあった。
雨水の流れで削られたのだろう。

途中、同じくらいの時間に出発した2パーティを
追い抜いたり追い抜かれたりを繰り返しながら登る。
ちょっとだけ眺望がよいところには何パーティかが休憩をしている。
駐車場に車が10台も止まっているのだから、たくさんの人が登っていても不思議じゃない。
途中、下山してくる3パーティとすれちがう。
もうちょっと早く出発してもよかったのかな…なんてことも思った。
登山道は傾斜が緩くなったりちょっときつくなったりしていて、何となく屏風山を思い出す。
1時間もすると背の高い木が減って見晴らしがよくなる。天気はとってもよくて眺望は最高。
遠くまで重なり合う山々は、まるで日本画のよう。
頂上近くの笹原も目に入ってきた。
緑の笹原と所々の黄や赤の紅葉は、日本画というよりも点描画のよう。
ほんとに天気がいいってすばらしい!!

sirokusa 画像19

 駐車場を出発して2時間弱。箱岩山との分岐にやってきた。
さて、先に白草山頂上を目指すか。分岐を右に歩を進める。
笹原に差し掛かるところで、あっと驚き!!眼前には3本の噴煙をあげる御嶽山。
こんなに近くで御嶽山を見るのはいったいどれくらいぶりだろうか。
先月の噴火で多くの犠牲者を出した山がそこにある。
いまだ見つかっていない数名の登山者がまだあの山に…と思うと、とても複雑な気持ちになった。

 分岐から頂上までは本当になだらかな笹原が続く。頂上に着いた。
天気に恵まれ、どこを見渡しても遠くまで続く山波が目に入る。
最後がなだらかなせいもあり、登る辛さはみじんもなく、気持ちよく登れたという思いだけが残る。

sirokusa画像20

 日陰の少ない頂上で休憩するのはやめて、箱岩山に登ってから休憩することにする。
さっそく箱岩山に向けて歩き始める。分岐から箱岩山へ向かうと、とたんに眺望は悪くなる。
箱岩山の頂上についたものの、ここでも休憩したくなるような場所はなかった。
仕方ないから、分岐まで戻って休憩することにした。

sirokusa画像22

 分岐で大休憩。休憩していると、続々と登山者が白草山頂上を目指して登ってくる。
やっぱり今日の天気は最高だよねなんて話しながらの休憩。
もうすぐ台風がやってくるなんて思えないくらいの天気。
こんなにいい天気に恵まれる山行が木曽駒の山行と今回と2回も続くなんて、今まであったかな…。

sirokusa画像21

休憩を終え、下山を開始する。
やっぱりたくさんの登山者とすれちがう。今日はやっぱり山日和だから…。
2時間くらいで登れるわけだから
手軽に登山を楽しめるし、見晴らしはいいし、白草山はいい山だな。
下山は1時間半。
駐車場について、またまた驚き!車は朝の倍に膨れ上がっていた。
ざっと数えて20台以上!いやぁ、すごいよ!

sirokusa画像23

 帰りは、友達に頼まれた「しらさぎ物語」を買い、
舞台峠の「さぬき」っていううどん屋さんでお昼ご飯を食べて帰宅した。
ずっと気になっていたうどん屋さんだったから、いい機会だと思い、のれんをくぐった。
出てきたうどんの量にびっくり。食べても食べても減った気がしない。
食べきれなくって、申し訳ないけど、残しちゃった。
目いっぱいおなかがすいたときに行かなきゃ!
 ほんとに1日中いい天気に恵まれた白草山登山だった。
記録:美香子

sirokusa画像24

























スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター