三森山・水晶山 byMTB

2014年12月14日
三森山・水晶山 by MTB 【東美濃の山】
渡辺・林・千浩

おばあちゃん市7:00-岩村歴史資料館8:30-三森山登山口9:00-展望台9:40-
三森山-水晶山-岩村城址12:20-資料館

1-PC140003

この冬一番の寒気がやって来た。
前夜、『明日朝起きて家の周りにも雪が積もってたら中止だな、中止になるといいな』
と思いなが寝て…起きた。
残念、雪積もってない!。
道の駅・おばあちゃん市から私だけ集合場所の岩村歴史資料館まで15km自走。
車からMTBを降ろし道の駅を出発したが目茶苦茶寒い。
ウインドブレーカーの上に雨具を羽織る。オーバー手をはめる。
それでも寒いがひたすらペダルを漕ぐ。集合場所に着いた頃には汗ビッショリ。

2-PC140004

「こんな日に本当に行くんですか?」 と言う水野君とみきーの目は輝いている。
と、思った。
雪も降ってきた。寒い。今日はどんな一日になるんだろう。
ブルブルするけどワクワクするのよね。

3-PC140005

4-PC140008

5-三森MTB20141214

岩村ダムから鳥居をくぐっていよいよ登山道へ入る。
この道は登山道というよりも神社への参拝道で、両手を広げて歩けるくらい広い。
広いけれど、つずら折れな急登を自転車を押すこと40分で展望台に着いた。
積雪は5cmくらいか。
水野君は手足が冷たくて凍傷になりそうだと言う。ガスって何も見えない。風も強く寒い。
「今日はここまでにしますか…」 と提案すると
「誘っておいて、『ここで止め』はいけませんよ!」と、みっきーが怒る。
あ、そう。じゃ行こか。

6-三森MTB20141214

7-三森MTB20141214

ここまでで今日の標高はかなり上げている。
展望台から三森山山頂直下までは比較的なだらかな尾根道で自転車に乗れた。
ところも有った。
山頂までの僅かは担ぎ上げる。最高到達点のハズなので、これより下り基調になるハズ。
サドルを下げて 「さあ、下ろう」
しかしソコから道は急で痩せた尾根の険しい上り下りが始まり、自転車を抱えたり背負ったり。
足元は雪で滑り、自転車と一緒でなくても難儀な道であった。
水野君がブチブチ文句を言っているが、目は輝いていた。
と、思った。
険しい上りで今日唯一人の年配登山者に出会う。

8-三森MTB20141214

9-三森MTB20141214

鈴ケ根尾根に入ると緩やかなシングルトラックになり、快調に飛ばす二人。
私は送れまいと涙目で必死に後を追う。

12-三森MTB20141214

13-三森MTB20141214

水晶山からの下りの道も所々狭くなったり倒木が塞いでたりするが快適な尾根道。
相変わらず飛ばす二人。置き去りにされないよう泣きながら着いてく私。
そして、あっという間に車道に出て城跡の建物の中で大休止。
山城の石段をMTBでの降り方を教わりながら資料館へ。

10-三森MTB20141214

私はすごく面白かった。あとの二人はもっと楽しそうだった。
と、思った。

もちろんWith自転車は普通の山登りと違った苦労を伴うが、
歳と共に膝と体力に自信の無くなった私には魅力を感じる遊びである。
また、今日まで恵那や木曽・裏木曽の山谷を沢山踏査してきたが、
正直、行程上、徒歩だけでの限界も感じ始めている。
MTBはソレだけが目的でなく、
地元山域研究踏査の可能性を広げる大いな手段となると思う。
記録:渡辺

11-三森MTB20141214

三森山・水晶山web10km





































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター