三方岩岳・大滝山・平瀬/白弓山

2014年12月.31日
三方岩岳
2015年1月1日
大滝山
2015年1月2日
平瀬/白弓山  BCスキー   【奥美濃】 
近藤・大祐・林・伊左治・他1名

2014年12月.31日 三方岩岳
年末の例会で合宿のお誘い。今年は仕事が早く終われそうなので参加することに。
また近年に無く年内から多くの積雪で白山周辺もどこでも滑れる感じだ。
早速記録など調べ積雪量を見てみるもどこも多いと記録を上げている。

昨年大ちゃんと積雪がなく現地まで行ったものの
入山出来なかった大滝山や庄川右岸の無名峰も行けるか!期待が高まり今回の山行になった。
どこも泊まりで行くほどの山ではないので
ベースを置いての日替わりのスキー山行としてベースの候補地を探す。
日中の積雪でテントが潰れてもいけないし、
ましてや夜の雪かきも厄介なので東屋らしき場所など考えてみると
あそこに好条件の場所があるかもと現地で確認することにする。
そしてそれは文句なしの絶好の宿泊地だった。

三方ー1P1030564

この幕営地の下見をした後入山地のトヨタ自然学校へ向かった。
朝から粉雪が舞っていて天気予報も雪の予報。
除雪地も何台か停めれるようだがここは除雪の邪魔にならないため
にトヨタ自然学校の駐車場に停めさせてもらい一言声をかけてキーを預けていった。

三方ー2P1030568

出遅れた出発になった。
私は今年初のスキーで最近めっきり弱った歩行を心配しつつ皆についていく。
ラッセルをしてもらっていても付いて行くのに一杯一杯!
歳を感じるが山に行けていないのと体力低下が著しく結果となって現れる。
スーパー林道の料金所を脇目に三方岩岳への夏道を辿る。

三方ー3P1030571

三方ー4P1030574

白谷の積雪も多く堰堤群も目立たなくなっていた。
しかし早い段階でのこの積雪も雪崩の危険を感じるので
今日は白谷は却下して岩岳から稜線を滑る計画だ。
しかしこの時期のここの歩きも非常に辛い。
最初からきついブナ林の登行でスーパー林道の大カーブまでが非常に長く感じる。
でも今日はメンバーにすがりながら連れて行ってもらう。

三方ー5P1030577

大カーブに差し掛かったところで小休止、
帰りの楽しみもあり上々なスタートで来れたがそれでもオーバーワーク気味。
若手のI君も元気良さそうだし。M君も淡々と歩いていいペースで上がっていく。
私とボーダーのMっちゃんがヒーヒー言いながら付いていく。
といってもヒーヒーとも言えないくらい、いつもながらに私は元気がない。
大ちゃんに頑張ってもらうしかないのだ!笑

三方ー6P1030581

ぞくほど。稜線もガスに覆われて見えなかったが
時折岩岳のピーク辺りも綺麗に見えるようになった。
淡々と歩いて高度を上げるも3日間の合宿の初日、
朝も出遅れて早く幕場の設営と温泉にも行かなくちゃという、
弱々しい言い訳を考えながら登るようになった
。自分の中ではせめて上り返しのあるオープンバーンのあたりまではと思っていたが
結果その手前のオープンバーンの下部で時間も押してることですしってことを言い訳にして
皆に下りますかって声をかけた。
Mっちゃん会心の一声、イイッスヨー!笑
待ってましたってくらいの一声で下山が決まる。

三方ー7P1030590

滑降準備をしながら行動食を取る。
お楽しみの滑降、シーズン一発目でゴープロを忘れて動画が撮れないのは残念だが
なかなか樹林帯は撮影もしにくいのでカメラの撮影も出来なかった。
今日は気温も高く湿雪かなと思いきやそれほどでもなく結構楽しめた滑りであった。
行きに作ったトレースで白谷左岸やスーパー林道も一気に下り駐車地に。

三方ー8P1030606

行きに車のキーを預けた自然学校のお姉さんに癒された話をしたら大ちゃんも付いて来てフロントに。
二人にお帰りなさい~!お疲れ様でした~。などまたまた癒されての下山。
キーをもらうと良いお年をお迎えください~って。気分はハ~イって感じでしたよね。大ちゃん!

三方ー9P1030607

3日間の寝床の設営に向かい温泉で汗を流し
快適なテントの中でこれまた素晴らしいキムチ鍋をいただきました。
ホットワインとともにいい年末の山行が出来ましたことに皆様に感謝です。
せっかく買ってきた年越し蕎麦、夜中に私の澄んだ歌声で起こしてあげて皆でいただきました。
初詣に行きたかったけど外は吹雪いていてもちろん却下、再度眠りに就いたとさ!
記録:近藤


2015年1月1日 大滝山
大滝ー1P1030611

お元日の朝。
夕べから降る雪でテン場の横は大雪です。
しかし橋の下のテントはうっすらと雪が乗った程度。
快適快適〜

朝食を食べたら荷物を適当に片して、今日は大滝山を目指します。
少し道に迷いつつ、神社近くのスペースにクルマを置いたらハイク開始。
高速を潜り少し林道を歩いたら近藤さんの指示でショートカットして登ります。
しばらく登って再び林道に出たら尾根に取り付きやすそうな所を探しつつ…

大滝ー2P1030619

が、しかし!
どこにしようかとダラダラ歩いてたら尾根の先っぽまでたどり着いてしまい、
戻るのも躊躇われたのでかなり難しいトコを登るハメに…。^^;;
大ちゃんが絶妙なステップを切ってくれたので、どうにか難所を越えます。
それからは比較的順調に登って行きます。

大滝ー3P1030623

途中の休憩ポイントからあまり体を冷やしたくないおいらが先行してラッセルします。
後ろに追われる事もなくゆっくりマイペースで登れるので汗もかかず快適です。
皆が追いついてきてからもゆっくりマイペースで登るので汗もかかず快適です。
タダの自己チューです…orz

大滝ー4P1030625

前日は柔らかい雪に足を取られまくって疲労困憊だったMっちゃんも今日は快調。
むしろその前にいる伊左治くんが追われてる??

密林を抜け風当たりが強くなってくると温泉が恋しくなります。
時間的にもアレなんで、行程を短縮して大滝山ピークは諦めます。
尾根の合流する小ピークまで登って本日の登り終了。

大滝ー5P1030630

大滝ー6P1030643

少し下の木陰で風雪をしのぎ、休憩&滑走準備です。
そんなにガッツリ食べるわけでもないのであっという間に準備完了。
皆の出発を待つ間に冷えてきて困りますw

大滝ー7P1030646

お楽しみの滑走第一弾は雪深過ぎ&斜度緩過ぎでややもたつきます。
その後しばらく登ってきた尾根を辿り、適当な所で沢へ。
フェイスショットを頂きながらうひゃひゃ〜と降りてきたら先の方に堰堤を発見。
ごにょごにょと協議した末に少し巻いて別の沢に乗り換えます。
その後は林道や植林を突き抜けて朝登ってきたトレースに乗っかりクルマに戻ります。
終わってみれば楽しかったケド、地形図に無い堰堤には少し焦りました。

大滝ー8P1030647

温泉の後は晩御飯。
大ちゃんの作る鳥塩鍋@伊左治くんの鴨入りが美味しくてちょっと食べ過ぎw
その後はちょっとおしゃれにMっちゃん特製ホットワインなんかを頂き、いい気分で消灯です。
明日はどうなるのかな〜と考えながら眠りにつくのでありました。
記録:林


2015年1月2日 平瀬/白弓山
あーたーらしい朝が来た♪(ラジオ体操)・・・Kさんの軽快な歌声が聴こえます。
でも、まだ僕の朝は来ていないのですzzZ
今日は4時起床予定だったのですが、
急遽近場の白弓スキー場上部をBCすることになったので
新しい朝は少し遠のきました。

白弓ー1P1030653

今回の合宿は僕にはまだレベルが高く、前日までの2日間は決死行でした。
何となく憂鬱で、白弓スキー場になったときは僕には希望の朝だったわけです^^
喜びに胸を開け、大空をあおげば天気は若干どんよりしています。
さて、みんなでラッセルを交代して進んでいきます。

白弓ー2P1030657

今日はDさんとMさんの頑張りでお昼くらいに上の尾根まで這い上がることができました。
雪庇を削って上に出るのは見た目よりもずっと大変な作業なんですね。

白弓ー3P1030662

さあ、合宿最後の勇気を出して雪庇の上から決死のダイブ。

白弓ー4P1030666

一回だけこけただけで、楽しく滑って下りて来れました。
下りてからは冷えた体をラーメンで温めて、再度スキー場トップまで。
まだそれほど荒らされていない新雪を滑るのは本当に気持ちがいいです。

白弓ー5P1030669

帰りは温泉と焼肉を食べて、スキー合宿を締め括りました。
みなさん、本年も宜しくお願いします。
記録:伊左治

















































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター