乗鞍岳 BCスキー 

2015年2月11日
乗鞍岳東面 前川本谷左岸尾根 BCスキー  【乗鞍岳】
大祐・林・渡辺

瑞浪5:00=スキー場P8:30-ゲレンデトップ9:15-位ヶ原2550m11:15-林道12:40-スキー場P14:20

スキー板ってのはどうしてこんなに長いんだろう。
トップは交差してしまうしテールはガリガリしてしまうし。
トップとテールをちょん切ってしまいたい。
それがこのところのゲレンデでの練習で
いわゆる [足裏感覚] って奴が掴めて来た様な気がする。
なので今日はどうしても乗鞍スキー場で練習したかった。

乗鞍BCー1P2110040

ところが前日 「明日はスキー場トップからハイクアップして
前川本谷の南岸に伸びる尾根を山スキーで滑降します。」 という。
「ゲレンデばかり滑っててはダメ。BCでの経験も大事ですから」
それはある程度上級者だから言えることのような気がする。
嫌だなぁ。

乗鞍BCー2P2110042

乗鞍BC大1-P1030895

乗鞍BCー3P2110044

嫌々大祐君、みっきーさんの後に着いて位ヶ原までツアーコースをハイクアップ。
ツアーコースは昨日の降雪で新雪パウダー状態。
まだまだ私はスキー技術に自信が持てないのである。
やっぱり着いて来てはいけなかったような気がする。

乗鞍BCー4P2110048

乗鞍BCー5P2110053

乗鞍BC大4-P1030922

乗鞍BC大3-P1030919

乗鞍BC大2-P1030916

上空は明るいものの位ヶ原はブリザードが荒れ狂う。
シールを外して先ずは尾根上の小谷へドロップイン。
嗚呼、嫌だ嫌だ。吐き気がする。

乗鞍BCー6P2110057

乗鞍BCー7P2110060

乗鞍BC大5-P1030929

乗鞍BCー8P2110061

谷へ入れば浅いパウダー。
嗚呼、楽し~い。
一度パウダーを経験すると病みつきになるというのが分かる気がする。

乗鞍BCー9P2110062

乗鞍BCー10P2110063

15211norikira maekawa3

乗鞍BCー11P2110065

風は収まり陽も差してきた。
途中てマッタリと休憩。そして密林の広い尾根をルートハントしながら下る。
下部は唐檜藪が濃く、その枯れた枝が長く伸びて通せんぼしてくれます。

乗鞍BC大7-P1030940

乗鞍BCー12P2110072

乗鞍BCー13P2110075

同行の二人は一度この尾根を下っており、今日は前回と違ったルート取りをいている。
今度は更に南の高天ヶ原から落ちる高天原尾根やね。
嗚呼、楽しかった。
楽しかったけど課題(技術的な)も見つかったし。
新雪ロッカーが欲しい!。
記録:渡辺

乗鞍BCー14P2110077




















スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター