小白山 北峰   【奥美濃】

2015年3月22日
小白山 北峰 BCスキー  【奥美濃】
渡辺・智尋

今日は智尋君と二人きりの山スキー山行
目指すは数年前、私の初めての山スキーであり近藤さんに酷い目に合わされた小白山だ。

1-P3220121

石徹白川に掛かる橋を渡って直ぐ、和田牧場跡へ向かうのとは逆に川に沿って少し下る。
少し下ったとこから小さな谷の緩やかな右岸を登り始めた。
しかし斜面は徐々にキツくなり、キックターンも困難になってきた。
これ以上ここでスキーを履いたままモタモタしてても疲れるだけなので
スキーを背負ってツボ足で雪壁を登る。

2-P3220122

3-P3220124

4-P3220128

小白山、そして杉ノ山から伸びる尾根末端の緩やかな大地に出た。
ここまで標高差100mを一時間掛かった。
前回は尾根を北西にグルリと捲いて1033mピークから小白山東尾根に出た。
一旦尾根を巻くように行ったが小さな谷から見上げると杉ノ山方面の稜線が近く見える。
ヨシ、杉ノ山へ直上しよう。
登り出すと斜面はキツく、思いのほか杉ノ山は遠かった。
更に杉ノ山山頂から今日の目的地小白山が気の遠くなるほど遠くに見える。
そして今日も昨日に劣らず快晴で暑い。既に汗だく。

5-P3220131

杉ノ山山頂からは緩やかなピークを幾つも越さなければならなかった。
1200m辺りからカンバの疎林となり、左には俵谷とそれを囲む白い尾根が
右には野伏平を挟んで野伏山、そして昨日行った薙刀山が望まれるようになった。
全て真っ白な雪に覆われている。
野伏のダイレクト尾根から微かに声が聞こえ、何パーティも登っているのが見えた。
こちらは智尋君二人きりの静かな世界だ。山はこれでなくてはいけない。

6-P3220133

「腹減った!」で大休止してから最後のひと頑張りだ。
山頂直下まで来ると『アレマッ』俵谷の雪の斜面を一人の山スキーヤーが登ってくる。
そして更にもう一人。
彼らは昨夜牧場跡で天泊し、野伏平から既に小白山北峰に登り
小白山主峰から俵谷へ300mほど滑降してきたのだと言う。

7-P3220139

8-P3220145

9-P3220147

10-P3220148

11-P3220152

12-P3220156

小白山北峰山頂から彼らは直接谷へ滑降していった。
我々はビールを飲んでのんびり…のんびりは出来なかった。
稜線は昨日より風がありゆっくりはしていられない。
シールを剥がし北へ少し尾根を下り
山頂から二つ目の谷の雪庇の切れた所からドロップイン。
この谷は広くて深い。頂陵部の巾は300m位有るだろう。
先に落ちていった智尋君はズーッとズッと、ロングなロングターン。
後で聞くと「折角だから大きな斜面を味わいたかった」だと。

13-P3220158

14-P3220162

15-P3220166

途中から高度を保ちながら徐々に野伏平へ向かって行く。
最後に二度小さな登りを超えて牧場跡へ。
牧場跡では野村さんがテントを撤収し終えた所だった。
一緒に林道を下る。

16-P3220169

昨日、そして今日は天候にも恵まれ春山スキーとして最上級に楽しかった。
4年前に苦労した小白山。今回はそれほど困難無く周遊して来れた。
しかしこれでリベンジ出来たなどとは思わない。
雪山は同じ山でも条件が変われば状況は全て変わる。
これからも更なるスキーの技術の向上は勿論だが、
慢心せず山スキーを楽しみたいと思う。
記録:渡辺





2015322小白山

















スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター