西穂高岳 西穂沢   【北アルプス】

2015年4月29日
西穂高岳 西穂沢 BCスキー   【北アルプス】
千浩・他1名

4月中旬にS水氏より西穂の西穂高沢やりませんか、と連絡が来る。
S水氏は前の週に西穂に登りそこからのスキー滑降を見てやりたくなったと・・・。
西穂に登ること自体に不安は無かったが頂上からスキーで滑るには不安があった。
しかし不安であればクライムダウンなりすれば良いと思い行くこととした。

西1-IMG_3570

当日は朝一に上高地に着くことを想定して集合。
沢渡に4時半着、用意をして5時ちょい過ぎに釜トン通過して
5時半には上高地を歩き出し出だしは順調。
上高地から見る岳沢はかなり雪が少なくスキーブーツでの歩きが不安になるが、
登山道に入るとそれなりに雪があり歩きやすくなる。
が、最近泊りの山行もしていないので久しぶりに板を担ぐのは重い。
岳沢に入ったところでシール不要だろうということでデポをして少しでも軽くし、
傾斜が増す前に休憩をすることとした。

西2-IMG_3571

西3-IMG_3572

西4-IMG_3573

西5-IMG_3574

後ろからは西穂のピストンをするという女性二人組のみ。
スキーをするにはここだろ!といわんばかりのラインを今日は貸し切りに出来そうだ。
ここから一気に稜線を目指すが体力不足により一本休憩を入れ、
稜線でアイゼンを外し、約5時間半で頂上。
まだ11時前なのでのんびりと休憩&滑るラインの確認等をして穂高の景色を十分に楽しんだ。

西6-IMG_3575

西7-IMG_3576

西8-IMG_3577

今回は頂上から雪がつながっておらず、
10mほどクライムダウンをしてから滑ることとしたが、
傾斜があるのに狭く、広くなる手前で割れているという。
チキンな僕にはつらい状況・・・。S水氏はジャンピングターンであっという間に滑っていく。
僕にはターンは厳しいが横滑りで回避。広がったところからは快適に滑ることが出来た。

西9-IMG_3578

西10-IMG_3579

西11-IMG_3580

西12-IMG_3581

西13-IMG_3582

落石も思っていたより少なく快適であったが、メンテしていなかった板は滑りが悪く、
下手な僕は太ももがパンパンになってしまった。
滑り出してから約10分で滑り下りてしまったが、今までで一番やりがいのある山スキーとなった!。

西14-IMG_3583

上高地へは自分たちの描いたラインを時々振り返り見ながら下山し、
次回は頂上から繋げて滑ろう、もっとレベルを上げてあんなとこ、
こんなとこ行こうと楽しみが増えました!。
記録:千浩

西15-IMG_3584





































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター