中津川支流 黒井沢・本谷 

2015年10月18日
中津川支流 黒井沢・本谷  【恵那山】
渡辺・大祐・百合恵

瑞浪5:00=黒井沢登山口6:15/6:35-(藪漕20分)終了点11:47-
山頂小屋・山頂展望台12:15/12:45-野熊の池14:00/14:20-
黒井沢登山口15:35/16:00=18:00瑞浪

百名山なのに評判がいまいちな恵那山。
せっかく近くにいるので一度は登ってみたいと思いながらも後回しにしていましたが、
予期せず登る機会を得ることができてちょっとうきうきで出かけました。
黒井沢登山口に到着。すでに何台かの車が止まっていました。わりと広い駐車場でしたね。

1-PA180002

ゲートを抜けて林道へ入りました。
さっそく道が崩れていてショートカットで小さな藪を超えました。
小秀山の藪漕ぎ以来藪に過敏に反応してしまうこの頃ですが、
まだまだこのくらいなら全然平気、などと思っていたら、さっそく沢に入る場所に。

2-PA180011

恵那山に登れることに喜んで紅葉の時期なことをすっかり忘れていましたが、
とてもきれいです!大祐さんいい顔です!

3-PA180027

4-PA180029

5-PA180037

6-PA180040

さすがに少し寒くなってきているので、
今日はなるべく濡れない、の目標をたてつつ登ります。

7-PA180048

8-PA180057

9-PA180058

10-PA180072

11-PA180094

途中、渡辺さんの韓国チョコと大祐さんが沸かしたコーヒーで休憩。贅沢な休日です。
難しいところはあまりなく、たまに巻いたり釣り上げられたり、
地図を見ながら時々休憩してのぼります。

12-PA180103

13-PA180117

14-PA180119

15-PA180128

16-PA180146

だんだん沢が細くなってくるころから傾きが割ときつくなってきて
水がなくなったことからは石と砂の斜面をよじ登っていきます。
30分くらいでしょうか?そんなに長くなかったかもしれませんが結構長い時間でした。

17-PA180155

そんなところが終わると登山道に合流する前の最後の藪漕ぎに入ります。
予定時間は20分、ということでエネルギー補給をして笹藪に入ります。
渡辺さんが励ましてくれてるのか馬鹿にしているのか
よくわからない声援をくれたりしてちょっと精神的に余裕をもって登ります。
地面が見えるくらいの藪で、足で体を支えやすく登りやすかったように感じました。
しんどいのはしんどいのですが・・・

18-PA180163

19-PA180167

20-PA180170

で、ほぼ予定通り20分程度で登山道に合流。あとは小屋目指して歩くだけです。
30~40分?くらい歩くと避難小屋が見えてきました。なんとトイレもあります。
紅葉シーズンだからか(いつもこうなのか?)たくさんの人が登ってきていました。
避難小屋の後ろの岩の上で展望を楽しみます。雲が少しありましたが、とてもきれいでよい景色でした。

21-PA180172

22-PA180174

ここで昼食を食べて登山道を下山します。
途中で山頂を通過。噂の展望台にも一応上ります。なるほど、という感じで。
振り返ると登ってきたあの最後の石と砂の斜面が見えました。あんなところを登っていたのか!
登っている途中下を見なくてよかった。

23-PA180177

24-PA180182

戻りの登山道に戻るために藪の中を少し下って目的の登山道に合流。
下りは長いルートで、ここを登ってくるのはなかなか大変そうだと思いましたが、
今日は紅葉を楽しみながら下山できて楽しかったです。
テーブルと椅子がある休憩場所があったり
さらに小さな避難小屋があったり本当によく整備されている山でした。

25-PA180185

26-PA180191

苔がたくさん生えていてとても楽しかったし、
大祐さんのキノコ講座もあったりと山を満喫した恵那山山行でした。
今度は一般登山道から登る恵那山も楽しんでみたいです。
記録:百合恵

27-PA180193















































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター