中央アルプス 木曽風越山・天狗山

2,015年12月20日
木曽風越山・天狗山   【中央アルプス】
渡辺・伊佐治・秀美・塚本

瑞浪4:00=風越山登山口6:00/6:20-風越山8:08-展望台8:15/8:30-
天狗山11:50/12:20-風越山14:55-登山口16:00=瑞浪18:10

1-PC200003

高気圧が張り出し気持ちの良さそうな天気が見込める朝4時に瑞浪へ集合。
空いっぱいの星の瞬きが期待を膨らませる! 
コンビニへ立ち寄り19号から風越山登山道へ道を進める。が、
上松中学校方面から回り込むよう調べてきたのにわかり難い。
予定より遅れること10分、風越山登山口着。

(帰路より、正解は御岳コミュニティーバス
(倉本線)串ヶ下バス停より入り九十九折の道を上って行くのがわかりやすい。
但し舗装路だが地図では林道表記。)


2-PC200018

3-PC200022

4A-PC200028
この写真はクリックするとデカくなります

5A-PC200032
この写真はクリックするとデカくなります

6-PC200036

7-PC200037

6:20気温-3.5度 まだ暗い中ヘッドライトを点けて風越山を目指して登り始める。
登り始めて1時間、斜面は落ち葉の上に薄っすらと雪が付き霜柱が立ち歩きにくい。
急な斜面を登り終え振り返ると御岳、乗鞍、前回登った糸瀬山も見え、とても綺麗だ。
風越山へは2時間弱と予定より良いペースで辿り着いた。

8-PC200038

9-PC200046

10-PC200048

山頂直ぐ上に展望のある場所で小休止。
おにぎりをほおばりながら、けっこうキツイ登りだったな。
などと思っていたが中央アルプスが綺麗に見え、
あそこへ行ってみたいな。とすぐに心を奪われる美しさだった。

11-PC200061

12-PC200064

13-PC200072

次は天狗山を目指して歩き始める。ここから山の雰囲気が色々変わり面白かった。
赤テープを追いかけながらルートを探しつつ登り上げ、
緩やかな地形が続き雪も全体的に付いている。
倒木帯、笹薮、細尾根、登り返しを越えて、
本日の核心は天狗山目下、岩肌が大きく見えている。
雪の付いた木の根も複雑に絡み合い、注意しながら登った。

14-PC200079

15-PC200087

山頂のコレといった目印は無く、展望も木によって遮られている。
北側の斜面から顔を出すと麦草岳、木曽前岳、駒ケ岳、
中岳、宝剣岳、三ノ沢岳が間近に見え美しさに迫力があった。
真正面に見えた宝剣沢もカッコ良く、夏に登れるものなら登ってみたいと思った。

16A-PC200092
この写真はクリックするとデカくなります

17-PC200096

18-PC200098

渡辺さん自家製の梅酒をご馳走になり体を温めながら休息を摂った。
12時半を回った頃、皆でアイゼンを履き下山開始。木の根、岩場を慎重に降りていく。
丁度岩場を降りた頃、少しガスが上ってきた。
正面に見えていた御岳も雲を纏い西日に照らされ、また美しい。

19-PC200100

20-PC200105

21-PC200108

再び風越山の展望場で小休止をしアイゼンを外す。ここから先が難儀した。
朝、霜柱が立っていたところはぬかるみ、葉と共に大変滑りやすい斜面となっていた。
渡辺さんも秀美さんもスラスラと降りていくが、
伊佐治さんと私は腰が引けて尻餅をつきそうになったり、ズルズル滑ったり。
オマケに陽が西へドンドン沈んでいく。
「登山口まで30分」の看板を越えてからもう直ぐ30分になるのに登山口の気配が感じられない。
やや足早になりながらもヘッデンのお世話になること無く無事に下山できた。

22A-PC200113
この写真はクリックするとデカくなります

24-PC200122

やや長いコースタイムだったが
美しい展望と変化する山の雰囲気が面白く楽しい山行であった。
体力をつけてから独標 蕎麦粒岳へ再挑戦してみたい。
記録:塚本

25A-PC200124
この写真はクリックするとデカくなります




































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター