麦草岳  中央アルプス

2,015年12月26日27日
麦草岳 福島Bコース  【中央アルプス】
渡辺・伊佐治

26日
瑞浪5:00=コガラ駐車場7:30/7:50-四合目9:00-力水9:50-五合目10:30-
六合目11:25-七合目非難小屋12:40/13:40-2650m15:30-七合目非難小屋
27日
七合目非難小屋7:55-五合目8:50-四合目9:30-コガラ駐車場10:10/10:30-
駒の湯11:00/12:10-瑞浪14:30

数日前の例会で滑落停止訓練をしようということになり今回の山行が企画されました。
会長とのワンツーマンレッスンです。
滑落停止訓練をすることで、一度滑落したら止められないことを体に覚えさせることで
アイゼンワークを意識的に確実に実施するようになるというのが狙いです。
1日目に麦草岳直下で訓練をして、2日目に天気が良ければ木曽駒に上がろうということでした。

1-PC260127

2-PC260130

3-PC260132

4-PC260134

登山口に着き、早速支度を始めます。
登山口にはほとんど雪はありません。

林道を少し歩いて、渡渉して尾根に取り付きます。

休憩を取りつつ、急坂を登って行きます。
尾根を少し登ったら雪が出てきました。
雪道に慣れていないのか夏道に比べて疲労感があった。
普段スキーの時にしか使わない慣れないストックの使い方を習いながら急坂を登ります。

7-PC260133

5-PC260135

休憩を取りつつ、急坂を登って行きます。
尾根を少し登ったら雪が出てきました。
雪道に慣れていないのか夏道に比べて疲労感があった。
普段スキーの時にしか使わない慣れないストックの使い方を習いながら急坂を登ります。

6-PC260142

8-PC260147

9-PC260149

10-PC260152

11-PC260154

約5時間かけて、ようやく本日のお宿に到着です。
薪ストーブ常設の避難小屋です。
さて、小屋に余分な荷物を置いて麦草岳山頂を目指して再出発です。

12-PC260155

13-PC260162

14-PC260166

上部まで来ると空はどんよりしております。風もあり、雪も降ってきた。
風や新雪でトレースが見えにくくなっており、少しだけ心細く感じ始めました。
15時を過ぎてもまだ麦草岳山頂にはたどり着けず、
たどり着く頃には雪訓ができる時間がないということで、会長が引き返そうと言ってくれました。
引き返すとなればメンタルも蘇り、少し元気にもなります。
2時間弱かけてつけてきたトレースを30分程で戻れてしまい、
それほど頑張っていなかったんだなーと若干寂しくも感じました。

15-PC260173

16-IMG_4803

今回のお宿である避難小屋には薪ストーブを設置してあり、
薪も大量においてありましたので惜しむことなく使わせて頂きました。
ネットでは火付きが悪いなどと書かれておりました。
ストーブの火おこしは慣れた手つきで会長がやってくださいましたが、
事実火をおこすのに苦戦してました。本当に火付きが悪いようです。
火が安定するまでには部屋の中が何度も燻され、そのたびに窓や扉を解放したため寒かったです。

17-PC260183

ストーブに火が付き始めた頃に、晩飯作りに取りかかります。
メニューは炊き込みご飯とポテトサラダです。
炊き込みご飯はだし汁としてお吸い物を入れ、具にはタコの乾物と干しシイタケを入れました。
弱火で40分ほど炊き上げ、鍋底は焦げ付いたもののご飯は美味しく炊き上がりました。
ポテトサラダはじゃがりこに半分ほどお湯を注ぎ練り上げたものです。
しかし、サラダが入っていないものはマッシュポテトと言うのだそうです。。。
お酒と共に美味しく頂きました。

18-PC270189

19-PC270191

翌日は天気が良ければ木曽駒に登る予定であったが、
一晩中吹雪いておりトレースは消えておりラッセルも大変そうだったので、さっさと下りることにしました。
下るとなれば早いものです。5時間かけて登った道をものの2時間で下れてしまいました。

20-PC270193

22-PC270195

下りてきて振り返れば、結局何一つ山頂も踏まず、滑落停止訓練もやれずじまいでした。
それ以前に、いきなりの寒さと天気の悪さでメンタルの弱さが浮き彫りになり、
完全敗退な山行となりました。しかしまた天気の良い日に再度登ってみたいところでもありました。
次回を楽しみにしたいと思います。
記録:伊佐治
























スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター