雪上訓練 木曽駒ケ岳 

2016年1月11日
雪上訓練 木曽駒ケ岳   【中央アルプス】
渡辺・美香子・大祐・伊佐治・真梨子・百合恵・塚本

瑞浪6:00=菅の台7:30/8:15=千畳敷駅9:15(雪上訓練15:55=
菅の台16:40/17:00=瑞浪18:20

2-P1110268


雪上訓練に木曽駒ケ岳に来ました。
今年は暖冬で雪が全然降らないので駒ケ根までの道のり、雪があるのか心配でした。
が、バスに乗ってロープウェーでついた千畳敷には、ちゃんと雪があって一安心です。
20~30㎝くらいでしょうか?とても寒いです。

1-WーP1110266
この写真はクリックするとデカくなります

3-P1110271


早速雪上訓練の開始です。まずはピッケルの持ち方から、
と雪山らしい講習が始まったところで、手袋の使い方が違うという指摘が。。。
そこからですか。という感じで先が思いやられるスタートです。
歩き方。キックする感じで1、2、3で両足とピッケルを使って前進。
聞くのは簡単ですがやるとなかなかリズムをつかめません。
足も安定せず四苦八苦しているうちにみんなはどんどん上がっていきます。

5-P1110283
この写真はクリックするとデカくなります

6-W-P1110286
この写真はクリックするとデカくなります

少し上がったところで、滑落停止の練習
。雪質のせいか量のせいかあまりすべりがよくないですが、
まずは渡辺さんのお手本を見てからみんなで練習です。
ピッケルの持ち方、構える位置、足をあげる、覚えることがたくさんです。
「この1回で必ず止める!いう気持ちでピッケルを立てて」
という渡辺さんの言葉に身が引き締まる気がしました。
斜度の違いでのピッケルの使い方など基本的な歩行訓練を行って午前は終了。
ロープウェーの駅で昼ごはんを食べて、午後はアイゼンをつけての歩行訓練です。

7-P1110303

8-P1110306

9-P1110309

カールから頂上へ向かうコースを登っていきます。
アイゼンが重たくてなかなか足が進みません。
みんなが作ってくれたステップをたどってちょっと楽をして登ります。
ゆっくりゆっくり上りつつ帰りの最終ロープウェーの時間とどこまで登るか・・・
とりあえずあそこの大きい岩まで行こう、という話じゃなかったでしたっけ?
みんな岩を超えてどんどん進んで行きます。上まで行く気満々です。
雪山を登る伊藤さん、かっこいいですね。

10-P1110316

11-P1110320

12-W-P1110324
この写真はクリックするとデカくなります

13-P1110326

1時間か1時間半くらいでしたか?乗越浄土到着。
夏とは違う雪を被った山の姿もまた違うかっこよさがあります。
ずっと見てられます。というのはうそですね。
風が強くてちょっと気を緩めただけで飛んでいきそうで
周りを見ている余裕はほとんどありません。
宝剣山荘の裏でみんなで写真を撮ったところは何かのポイントだったんでしょうか?

14-P1110327

14-W-P1110335
この写真はクリックするとデカくなります

15-P1110338

16-P1110344

17-P1110349

下りはほとんど人はいなくて半分くらい歩いて残りは滑っております。
シリセードというらしいです。
尻セード?帰りの車で大祐さんと美香子さんが教えてくれましたが
グリセードというのもあるとのこと。
立った状態で滑る?イメージできません。

18-W-P1110353
この写真はクリックするとデカくなります

19-P1110357

20-P1110362

21-P1110367

残りの時間はワカンの練習。
斜面をすいすい降りて、さあロープウェーに乗り遅れないように上がりましょう。
全然登れない!教わった通り膝を使って足場を固めると・・
なるほど。登りやすいです。
そのまま駅まで上がってちょうどいい時間。
本日の訓練は終了です。疲れ切ってバスで熟睡。
盛りだくさんの訓練ありがとうございました。
しっかり身につけていろんなところに行きたいです。
記録:百合恵

22-P1110368







































スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター