県連山岳救助隊訓練 大日ヶ岳

2016年2月21日
岐阜県連山岳救助隊訓練   【大日ヶ岳】
渡辺・大祐・伊佐治・伊藤

2月7日の蕪山での雪山訓練では全く雪がなく…予定が変更になり、
救助隊の訓練は大日ヶ岳で行われることになりました。
高鷲スノーパークからスタートです。

1-P2210001

スキー、スノボをしない私はスキー場自体、かなり久しぶり。。。
まさかスキー以外で来ることになるとは思いませんでした。
(あとで数えたら、なんと17年ぶりでした…‼)

2-P2210006

まずはゴンドラで上まで一気に行きます。
そこからは大日ヶ岳の頂上を目指して出発‼のはずですが、
どうもお天気がよくないようで…少し登ったところの斜面で訓練をすることになりました。

3-P2210010

4-P2210016

5-P2210019

2班に分かれて訓練開始です。
私たちはアルパインKANIさんと、多治見労山さんと同じチームでした。
まずは雪山での支点のつくりかたを確認しました。
つぎに、なにやら始まったと思ったらロープで担架が編まれていて、
みなさんの手際の良さには驚きました。
そのあとに、3分の1システム、スタンディングアックスビレイなどをやりました。
正直なところ、私はただただ見ているだけになってしまったのですが、
素早く救助するためには、こうやって訓練をすることが大切なんだなと感じました。
そして、私はまだまだ知らないことばかりなので学べる機会には積極的に参加しようと思いました。

6-P2210023

あとは、滑落停止訓練を行って午前中は終了です。
1月の木曽駒ヶ岳での雪上訓練ではできていたつもりだったのですが、
何回かやってもなかなか1回で止まることができず、
身についていないなと感じました。練習する機会は少ないですが、
身につけなければいけないと思いました。

7-P2210032

8-P2210034
この写真はクリックするとデカクなります

午後からは、ビーコンを使い、捜索の訓練です。
私はビーコンを使うのが初めてだったので、とても勉強になりました。
実際に、ビーコンを埋めて捜索するという訓練を行いましたが、なかなか見つけられず…
そしたらなんと木の枝にひっかけられていました。広い視野をもつことも必要ですね(^_^;)

9-P2210038

そろそろ寒さも限界…と思ったところで終了。
渡辺さんの終わりましょうか、という一言を聞いてホッとしたのは内緒です。笑

10-P2210039

今回の訓練で感じたことは、
・いざという時に素早くできないといけない、そのために普段から訓練、勉強をしておくことが必要
・勉強して得た知識を、実際の場面で使えるよう、自分のものにしなければいけない
 ということです。
そして何よりも、蕪山での雪山講習会で渡辺さんもおっしゃっていたように、
まずは遭難しないよう、技術を身につけることが1番大切だと思いました。

11-P2210042

今年は暖冬で雪が少なく、私は本当の雪山を経験したとは言えませんが、
また少し世界が広がったような気がします。来年の冬は雪がたくさん降るといいなぁ…。
記録:真梨子











スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター