木曽川水系 松淵沢   【中ア・糸瀬山】

2016年9月11日
木曽川水系 松淵沢 ロープワーク訓練  【中ア・糸瀬山】
渡辺・美香子・伊佐治・百合惠

瑞浪6:00=林道P7:50/8:10-百間滝:9:10/10:00(訓練)13:30-
林道P14:00=瑞浪16:20

1-P9110030

6時、瑞浪市役所に集合した。今回は沢でのロープワーク訓練が目的。
松淵橋を越えた先の橋で入渓する予定だったけれど、ちょっとだけ上流から入渓した。
どれくらい前なのかわからないけれど、
百閒滝までの遊歩道があったらしいが、廃道になっている。
ほんのちょっとそれらしき道があるように見えた。

2-P9110034

3-P9110037

4-P9110043

緩やかな沢を百閒滝目指して進む。
しかし、いくつもの堰堤を越えなければならないから、そのたびごとにまかなくてはいけない。
沢を歩くよりもそっちがやっかい。
 小ぶりな滝を越したが、リーチの長い伊左治君とは違って滝をまいたけれど、
つるつる滑る足場にちょっとだけ怖い思いをした。
こんなことならちょっとばかし濡れても伊左治君の後をついていけばよかったかな…
なんて思ったりした。

6-P9110055

5大-P9110047
この写真はクリックするとデカクなります

7-hixyaku-FullSizeRender
この写真はクリックするとデカクなります

8-P9110063

9-P9110067

10-hixyaku-FullSizeRender (2)
この写真はクリックするとデカクなります

11-P9110085

滝を越えた後、少し進むと目の前に百閒滝の一部が現れた。
わくわくして進むと、百閒滝の全貌が現れた。2段になったみごとな滝だった。
滝の近くで休憩をとる。滝からの風がとっても気持ちよかった。
荷物を置いた中村さんは滝の裏まで行く。

12大-P9110100
この写真はクリックするとデカクなります

13-P9110108

14-P9110116

さて、どこでロープワークをするか…。
中村さんは滝の上に行きたそうだったけれど、天気が不安なこと、
高まきは厳しそうなことなどから来る途中の小ぶりな滝近くでロープワーク訓練をすることにした。
予定していたところは岩場の状態がよくなかったため、
そこから岩場を登らずにいったん沢へ懸垂下降で降りる。
懸垂下降の基礎を確認して降りていく。

15-P9110124

16-hixyaku-FullSizeRender (1)
この写真はクリックするとデカクなります

対岸にある支沢の滑滝で練習することにした。
渡辺さんと中村さん、伊左治君と私がペアになった。
渡辺さんと伊左治君がトップで登り、途中にランニングビレイをとっていく。
声のかけ方、確保の仕方、セカンドで登るときのことなどをあらかじめ確認して、
中村さんと私も続いて登る。
そのあとは、懸垂下降でもとの沢に戻る。ちょっとだけ緊張するのは、懸垂下降のスタート。
安環のロックとATCの効きとを確かめてからセルフビレイを外して懸垂下降に入る。
全員がもとの沢に戻った後は、ザイルのしまい方を練習して終了。

17-P9110141

来た沢を戻る。途中で高まいたところが急でちょっとてこずったけれど、
無事に駐車したところまで戻った。

18-P9110150

久しぶりの沢だったからなのか、歳のせいなのか、
これくらいの山行がちょうどいい感じ…と弱気。
でも、やっぱり沢は気持ちよくていいな。
 今回の松淵沢は花崗岩ばっかりだったから、
今後どんどん風化してもろくなるから、沢の感じも変わるのだろうな…。
記録:美香子





























スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター