御岳北面 秋神川支流 千間樽沢

2017年7月30日
御岳北面 飛騨川・日和田川支流 千間樽沢 【御嶽山】
渡辺・百合恵・大祐

瑞浪4:40=飛騨御岳橋P7:15-二又9:20-岩壁下9:30-岩壁上部10:20-
遡行終了登山道11:20-飛騨御岳橋P13:00

3時20分、何で目覚まし鳴ってるんやろ?と、止めてまた寝る。
4時7分、電話が誰かからの着信で鳴る。
こんな時間に誰やろ?とスマホを見る。
会長?ん?…ハッ!やってしまった…今日は4時集合…
直ぐに行きますと切って、4時30分集合場所到着。
今日は本来土日で沢泊山行の予定が、
天気都合で日曜の日帰りに変更となり、
泊まりでは行けなかった自分が急遽日帰りなら参加しますと名乗り出ておいての遅刻…
前日からの睡眠不足が仇となり、
お二人にはご迷惑おかけし申し訳ございませんでした。

1大ーP7300006
この写真はクリックするとデカクなります

前日貰った計画書を見て、今回の沢を辿ると、
御嶽継子岳からの通称「僕らのライン」と呼ばれるシュートが源頭になる事が分かった。
例えばスキーで下まで降りれるか、途中まででも確認できればありがたいと思う。
一部等高線の混んでいる所が滝がありそうで、
見る事が出来れば良いなとスキーの下見も密かに遂行(笑)

2-P7300007

3大ーP7300022
この写真はクリックするとデカクなります

4-P7300025

P1100924.jpg

5大-P7300027
この写真はクリックするとデカクなります

入渓時、然程多くも無い水量なので、この先何処かで水線は切れると、
容易に予想は出来たが、予想よりも早く沢の水が消えた…
ひたすら単調な水の無い沢地形登りを熟し、
とあるところで休憩中、対岸の斜面の藪がガサガサパキパキ…
この感じもしかして…猿やカモシカの歩く感じじゃない。
そしてチラッと見えた真っ黒な体毛。
やっぱり思った通りの熊さんです!
取りあえず物音をだしてこちらの存在を分からせる、
気付いた途端また斜面を登って逃げて行きました。
まあ先にこちらが気付いて良かった。
気付いてなかったら、結構気まずい距離感になってたかも?(笑)
今回中村さんだけ見れなかったみたいで、ちょっと残念そう(笑)

P1100929.jpg
この写真はクリックするとデカクなります

P1100938.jpg

6大ーP7300036
この写真はクリックするとデカクなります

7-P7300045

P1100943.jpg

8-P7300061

9大ーP7300081
この写真はクリックするとデカクなります

P1100959.jpg
この写真はクリックするとデカクなります

予定の二股で右に進むと、例の等高線の混んだ辺りに差し掛かります。
木々の間から前方にガスの中、岸壁らしき物が見えます。
更に進むと、一気に急になり、水は落ちてないけど滝らしき場所もみえます。
取りあえず登れる所まで登り見てみますが、とても僕らじゃ正面から登れそうにありません。

11-P7300095

12-P7300110

13-P7300111

14-P7300113

15-P7300119

P1100964.jpg

17-P7300140

左岸は岸壁で無理、ならば右岸は?
藪は濃そうだけど、行けなくは無さそうなので、藪漕ぎ高巻き開始!
30分~40分ぐらいか?再び沢に降り立つ。
また単調な登りが続き、何時しか倒木も増え、倒木を越えるのが結構面倒くさいし…
途中支沢から、苔の絨毯を進むと直ぐに登山道に出た!

16大ーP7300123
この写真はクリックするとデカクなります

18-P7300144

帰りの登山道は、先ずは湿地でグチャグチャ区間だったり、
苔のフカフカ絨毯だったり、
笹で沢靴ツルツルトラップがそこらじゅうに仕掛けられてたり…
まあ終わってみれば楽しかったです。

19-P7300156

20-P7300161

21-P7300174

何より苔が素晴らしい所でした。
苔女の中村さんは更に良かった事では無いでしょうか?(笑)

22大ーP7300188
この写真はクリックするとデカクなります

IMG_1207.jpg

帰りに寄った、会長お奨めの開田の蕎麦屋。
安いのに、めっちゃ美味しかった!
記録:木股

IMG_1208.jpg







スポンサーサイト
カテゴリ
FC2カウンター